赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



ウィルムス腫瘍

母と子

こんな病気:2〜4歳にみられる腎臓にできるがんです

 

腎臓にできるがんで、2〜4歳の幼児に多く発生します。

 

多くの場合は片方にでき、進行は比較的遅いものです。

 

症状:おなかにしこりができます。腹痛や吐き気があることも

 

おなかに、硬いしこりがあり、触っても痛みがないようなら、すぐ受診しましょう。

 

腹痛や吐き気、血尿で気がつくことがあります。

 

治療:手術と抗がん剤を併用します。早期発見が決め手です

 

早期に発見されれば、手術と抗がん剤の併用によって、完全に治る見込みがあります。

 

発見が遅れて遠隔転移を起こした場合でも、最初にできた腫瘍を摘出し、抗がん剤や放射線治療を行うことによって、よい治療成績を上げることができます。




関連ページ

白血病(はっけつびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
神経芽(細胞)腫(しんけいがしゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
貧血(ひんけつ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
好中球減少症(こうちゅうきゅうげんしょうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性血小板減少性紫斑病
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
血友病(けつゆうびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。