赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



漏斗胸(ろうときょう)

母と子

こんな病気:胸の下のほうがへこんでいる状態

 

胸郭を形作る胸骨、肋軟骨、肋骨などの骨が変形するので、胸の下のほうがへこんでいる状態です。

 

このため心臓や肺が圧迫されますが、ほとんどの場合は日常生活には影響がありません。

 

しかし、変形がひどいと気管支炎などの呼吸器感染を繰り返したり、稀ですが、苦しそうな呼吸をします。

 

治療:呼吸に障害がなければ、とくに手術の必要はありません

 

へこみ方があまりひどくない場合は、成長とともに筋肉は発達してくると、目立たなくなることがあります。

 

しかしほとんどの場合は、へこみ方は変わりません。

 

呼吸機能検査をすると肺活量は低下していますが、日常生活に影響を与えることは稀です。

 

手術をするかどうかは、へこみの程度、症状の有無、本人の心理面を考えて決定します。

 

手術は、

 

  • 変形した部分を切除したり、持ち上げて固定し、胸郭を再形成する方法
  • 金属製の装具を胸骨の下に入れて、胸郭全体を正常な位置まで上げる方法(半年後に装具を抜く手術が必要)

 

があります。

 

手術する年齢は、手術法によって違いますが、3〜6歳です。

 

はと胸

 

漏斗胸とは反対に、胸が突き出ている状態です。

 

はと胸も胸骨と肋軟骨の変形以外に特別な症状はありません。

 

かなり変形が目立ち、気になるときは、5〜10歳までなら装具による矯正が可能です。

 

矯正でも改善されないときは手術をします。




関連ページ

先天性股関節脱臼
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
斜頸(しゃけい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
軟骨無形成症(なんこつむけいせいしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肘内障(ちゅうないしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外反足(がいはんそく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
内反足(ないはんそく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
X脚・O脚
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
多指症・合指症(たししょう・ごうししょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ばね指
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。