赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



目の病気

母と子

子どもの視力は「ものを見る」ことで育っていきます

 

私たちは日ごろ、なにげなくものを見ています。

 

ところが、ものを見ることができるのは、外からの光が左右の目に入り、眼球の奥にある網膜の上に像を結び、それを神経が脳に伝えて、左右からの像を大脳で重ね合わせて、見えたものを確認するという複雑な過程を一瞬のうちに行っているからです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ眼球が小さく、網膜の後ろの方にピントが合う遠視状態です。

 

また、神経も脳も未熟なため、はっきりものを見ることはできません。

 

視力は生後6か月で0.04〜0.08、1歳でやっと0.1〜0.2になるといわれます。

 

3歳になると網膜の上にうまく像が結べるようになり、視力も0.8くらいになります。

 

5歳で1.2になり、小学校になってやっと大人と同じくらいの視力になります。

 

つまり、視力も乳幼児期に、どんどん発達します。

 

また、6〜8歳くらいのころに出来上がった能力で一生過ごすことになります。

 

ですから、乳幼児期に目の病気やけがをすると、視力が発達しないままになってしまうことがあります。

 

例えば、1歳のころ目の病気をして目を長く使わない状態が続くと、病気が治っても、視力は0.3くらいまでしか回復しません。

 

逆に、8歳を過ぎて目の病気になった子どもは、何年も見えない状態が続いたとしても、完治すれば視力は1.0以上に回復します。

 

ですから、乳幼児期の目の病気はできるだけ早く、適切な治療を行うことが大切です。

 

昔から「目をよくしたければ、遠くの山や星を見なさい」と言われますが、赤ちゃんの場合は普段の生活の中で、絵本やおもちゃを使って、細かいものを見分けたり、色を区別したりする遊びの中から、視力を育てていくことが大切です。

 

遠近感や立体感も最初はつかめないものです

 

人間には、左右2つの目があります。

 

目がものを見る時、実際は左右の目が見た像には、ほんのちょっとした違いがあります。

 

この不一致を視差といいますが、この視差があることによって、立体感や遠近感をとらえることができるのです。

 

左右の目に見える像を重ね合わせて、もののある方向や距離、立体感を感知します。

 

この機能を両眼視機能といいますが、これは3〜4歳くらいまでの間に発達します。

 

歩き始めの子どもが、何かにぶつかりやすかったり、つまづきやすかったりするのは両眼視機能が未熟なことも一つの原因です。

 

この機能の発達が遅れると、将来野球やテニスなど、小さいボールを使ったスポーツがうまくできなかったりします。

 

両眼視機能が障害される最も代表的な病気は、斜視と弱視です。

 

このほか、乳幼児期に片方の目の視力が低下しても、両眼視機能の発達に障害を起こす事があります。

 

両眼視機能の障害はなかなか発見しにくいもので、3歳児健診でも見落とされることがあります。

 

いつまでたってもものにつまづきやすかったり、遠近感がつかめず、手を伸ばしてものを取れなかったりする場合は、早目に眼科を受診しましょう。

 

最近は、視能訓練という、両眼視機能の訓練を専門に扱う分野の充実した病院が、多くなっています。


目の病気記事一覧

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)

こんな病気:早産の赤ちゃんの網膜に異常が起こる病気早産で生まれて体重が少なく未熟性の高い赤ちゃんに起こりやすい、網膜に血管の異常が生じる病気です。異常が進んで網膜が全部剥離すると、失明する危険があります。多くの場合は自然に治りますが、病気の進行を止めるために治療をすることもあります。症状:網膜の未熟...

≫続きを読む

 

斜視(しゃし)

こんな病気:ものを見るとき、視線がそろわない病気です正しくものを見るには、両眼の視線をそろえて見る必要がありますが、なんらかの原因で、ものを見るときに視線がそろわない病気です。斜視の疑いがあったら、早めに眼科検査を受けましょう。原因:原因はいろいろあり、重なっていることもあります正しくものを見るため...

≫続きを読む

 

屈折異常(くっせついじょう)

こんな病気:目のピントが合わない状態網膜にうまくピントが合わない状態で、3つに大別できます。近視網膜の手前でピントが合うので、近くのものは見えますが、遠くのものが見えにくくなります。遠視網膜よりも奥にピントが合うので、遠くのものは見えにくく、近くのものはより見えにくくなります。乱視ピントが1点に合わ...

≫続きを読む

 

弱視(乳幼児の弱視)(じゃくし)

こんな病気:乳幼児の視力が発達しなかった状態人間は、いろいろなものを両方の目で見て、それを脳で解読して、初めて目から取り入れた情報を活用できます。この能力(視力)は、赤ちゃん時代から両方の目でものを見る訓練を積んでだんだん発達し、6〜8歳ごろに完成します。この間に、なんらかの原因で目を使えない状態に...

≫続きを読む

 

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

こんな病気:涙の流れる管が詰まる病気です涙が目から鼻へ流れていく管を、鼻涙管といいます。生まれつきこの管が詰まっている状態が鼻涙管閉塞です。症状:感染を起こすと、目やにもたくさんでます涙が眼からしょっちゅう出るのが特徴です鼻涙管閉塞が続くと、涙嚢(目と鼻の間のへこんだところ)の中に細菌が繁殖して化膿...

≫続きを読む

 

さかまつげ

こんな病気:まつげが目の中に向かって生えている状態まつげが、内側を向いて生えている状態です。さかまつげになり、まつげが常に目の中に入っていると、刺激されて結膜炎が起こりやすく、目やにがたくさん出るようになります。ひどいときはまつげが黒目の表面の角膜を傷つけ、角膜が濁ったり、乱視の原因になります。治療...

≫続きを読む

 

結膜炎(けつまくえん)

こんな病気:目を守る役割をする結膜に起こった炎症結膜は、外部からの刺激や細菌などの感染から目を守る役目をしています。結膜の細胞には、油膜状の粘液が分泌されていて、目を守っています。それでもウイルスや細菌の感染力が強くて結膜に炎症を起こすのが結膜炎です。症状:目が充血し、目やにがひどくなります結膜には...

≫続きを読む

 

目に異物が入った

子供が急に目をつぶったり、涙がぽろぽろ出た時は、目に砂や草花、小さな虫などが入った可能性があります。目をこすると角膜に傷がつくことがあるので、絶対にこすらないようにします。まず、明るいところでアッカンベーをさせます。目に入った異物はだいたい下まぶたの裏に落ちているので、湿らせた清浄綿などで静かに拭い...

≫続きを読む

 

眼瞼下垂(がんけんかすい)

こんな病気:上のまぶたに目がかぶさっている状態上のまぶたの筋肉の力が弱く、上のまぶたが目の上にかぶさっている状態です。症状:瞳が隠れているときは、なるべく早く手術をします乳幼児期の前半は、赤ちゃんのまぶたに脂肪がつきやすいため、まぶたが腫れぼったく見えることがあります。このような状態は、赤ちゃんの成...

≫続きを読む

 

先天白内障(せんてんはくないしょう)

こんな病気:生まれつき水晶体が濁っている病気生まれつき水晶体が濁っているため、瞳が白く見える病気です。瞳孔が真っ白に見えるものから、ほとんど気がつかない程度のものもあります。視力がどのくらいあるかは、濁りの位置と程度によります。先天性風疹症候群やダウン症候群の症状の1つとして起こることもありますが、...

≫続きを読む

 

先天緑内障(せんてんりょくないしょう)

こんな病気:目の中に水がたまって眼圧が上がる病気角膜や水晶体には、房水という水によって栄養分が補給されます。この房水を吸収する部分(隅角)に生まれつき形成不全があって水がたまってしまうために起こる病気です。水がたまると眼圧が高くなり、視神経が圧迫されて萎縮し、失明することもあります。症状:大きな濁っ...

≫続きを読む