赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

母と子

こんな病気:涙の流れる管が詰まる病気です

 

涙が目から鼻へ流れていく管を、鼻涙管といいます。

 

生まれつきこの管が詰まっている状態が鼻涙管閉塞です。

 

症状:感染を起こすと、目やにもたくさんでます涙が眼からしょっちゅう出るのが特徴です

 

鼻涙管閉塞が続くと、涙嚢(目と鼻の間のへこんだところ)の中に細菌が繁殖して化膿し、涙嚢炎を起こして目やにがたくさんでることもあります。

 

治療:マッサージで治ることが多いものです

 

まず毎日、抗生物質入りの点眼薬をし、指で上から下へ涙嚢をマッサージします。これだけで治ることもあります。

 

それでも通らなければ、鼻涙管ブジーという太い針を、詰まっている部分に1〜2回通すと治ります。

 

涙嚢炎では、化膿している状態でブジーを通すと再発しやすいので、抗生物質で洗浄してからブジーをします。

 

まれに閉塞している部分が固いなどでブジーが通らなかったり、何度もブジーを通したり、効き目のない抗生物質を使っていたり、通過障害をそのままにしておくと、耐性のある細菌やカビが繁殖して鼻涙管に強い閉塞が起こることがあります。

 

こうなるとチューブをいれて鼻涙管を通したり、直接鼻に涙を流しこむルートをつくる手術が必要になります。

 

早めに眼科で適切な治療を受けましょう。




関連ページ

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
斜視(しゃし)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
屈折異常(くっせついじょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
弱視(乳幼児の弱視)(じゃくし)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
さかまつげ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結膜炎(けつまくえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
目に異物が入った
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
眼瞼下垂(がんけんかすい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天白内障(せんてんはくないしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天緑内障(せんてんりょくないしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。