赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



さかまつげ

母と子

こんな病気:まつげが目の中に向かって生えている状態

 

まつげが、内側を向いて生えている状態です。

 

さかまつげになり、まつげが常に目の中に入っていると、刺激されて結膜炎が起こりやすく、目やにがたくさん出るようになります。

 

ひどいときはまつげが黒目の表面の角膜を傷つけ、角膜が濁ったり、乱視の原因になります。

 

治療:自然に治るまで角膜を保護する治療をします

 

赤ちゃんのまつげ自体はやわらかいので、さかまつげがひどくても角膜を傷つけるようなことはめったにありません。

 

また、3歳過ぎごろには自然に治ることが多いので、抗生物質入りの点眼薬で細菌感染を予防して結膜炎を起こさないようにしたり、角膜を保護する薬を点眼して様子をみます。

 

角膜が白く濁ったり、年齢相当の視力が出ない、まぶしい、目やにや涙でまぶたがあれるといった場合は手術が必要になります。




関連ページ

未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
斜視(しゃし)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
屈折異常(くっせついじょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
弱視(乳幼児の弱視)(じゃくし)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結膜炎(けつまくえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
目に異物が入った
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
眼瞼下垂(がんけんかすい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天白内障(せんてんはくないしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天緑内障(せんてんりょくないしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。