赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

母と子

こんな病気:痛みはないが、耳の聞こえが悪くなる病気

 

8歳以下の子供に多いものです。鼓膜の内側の中耳腔に滲出液がたまっているため、鼓膜の振動が妨げられて、耳の聞こえが悪くなります。

 

急性中耳炎が完全に治りきっていなかった場合や、鼻の病気やアデノイドがあって耳管の通りが悪い時に起こります。

 

症状:耳が聞こえにくくなってから、気がつくことが多いものです

 

軽い難聴だけで、痛みを訴えることはありません。

 

大きな子供では、「トンネルに入ったときのように耳が詰まった感じがする」、「高い山から下りてきたときのように耳がボワーンとする」などと訴えます。

 

小さい子では、自分では気がつきにくく、それまでは耳がよく聞こえていたのに、近頃どうも話しかけたとき「エッ?エッ?」と聞き返すことが多い、ちょっと離れたところから呼んだときに返事をしない、テレビのボリュームを大きくしないと聞こえないなど、どうも耳が聞こえにくいようだと親が気づいて受診することが多いものです。

 

また、滲出液がたまっているため、細菌感染を起こしやすく、急性中耳炎を繰り返しやすくなります。

 

治療:薬の内服や耳管通気をして滲出液を抜きます

 

中耳腔にたまった滲出液の量に比例して、耳の聞こえが悪くなるので、聞こえが悪い場合は滲出液を抜く治療を行います。

 

多くの場合、治療は数週間から数か月間かかります。

 

まず、抗生物質や消炎酵素剤などを内服して、滲出液がたまらないようにします。

 

また、「耳管通気」といって耳管に空気を通して広げ、滲出液が抜けやすくなるための治療を行います。

 

あるいは鼓膜マッサージをして、詰まった感じを除く治療をすることもあります。

 

そのような治療を2〜3か月間続けても滲出液が抜けないときは、鼓膜を切開して滲出液を出します。

 

それと同時に鼓膜ドレーンという小さなチューブを鼓膜に挿入し、滲出液がたまらないようにすることもあります。

 

ドレーンを挿入している間は、そこから水が入りやすいので、洗髪や水泳のときは、耳栓をするなどの注意が必要です。

 

半年から1年、長い時は2年くらい入れ、滲出液がたまりにくくなってからドレーンを抜くと、鼓膜はきちんとふさがります。

 

アデノイドや鼻の病気が原因になっているときは、その治療もあわせて行います。

 

一度治っても、10歳くらいまでは何度も繰り返すことがあるので、根気強く治療を続ける必要があります。




関連ページ

難聴(なんちょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
副耳(ふくじ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小耳症(しょうじしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
耳の変形
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天性耳瘻孔(せんてんせいじろうこう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外耳炎(がいじえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性鼻炎(きゅうせいびえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鼻血(はなぢ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アデノイド
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
扁桃炎(へんとうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。