赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



虫歯(むしば)

母と子

こんな病気:歯垢の糖分が発酵し、歯のエナメル質を溶かす

 

虫歯の原因には食べ物、細菌、歯の質が影響しています。

 

食べカスが歯についていると、その糖分に細菌が働きかけて、歯にくっつきやすい多糖類をつくります。

 

歯にくっついた多糖類には多くの細菌が増殖して歯垢になります。

 

歯垢の中で糖分が発酵することで酸がつくられ、その酸が歯のエナメル質を溶かし、虫歯が始まります。

 

乳歯の虫歯は永久歯に比べて、短期間にたくさんの歯にでき、急速に進行します。

 

3歳過ぎくらいに多くなってきます。小さい子供は歯磨きがよくできないため、口の中に食べ物のカスが残りやすく、歯垢がつきやすいものです。

 

また睡眠時間が短いために、唾液による口の中の自浄作用が少なく、細菌が繁殖しやすいことも虫歯をつくりやすい原因となっています。

 

乳歯が虫歯になると、永久歯が生えるときに歯並びが悪くなるなどの影響が出ます。

 

ママはどうせ生え替わるからと安心せず、虫歯にさせないようにしましょう。

 

予防:甘いものを控え、1歳半からは歯磨きの習慣をつけましょう

 

一度虫歯になると、絶対に元には戻らないので、予防が大切です。

 

乳歯の時代から虫歯予防の習慣をつけておかないと、永久歯も虫歯にしてしまいます。

 

虫歯を防ぐためには、次のことが大切です。

 

  • 赤ちゃんのころから甘いものはなるべく控える
  • ジュース類には砂糖が入っているので、飲んだ後はうがいをさせる
  • 果汁や乳酸飲料が入った哺乳瓶をくわえさせたまま寝かせない
  • 食後はガーゼで歯を奇麗に拭く
  • 1歳半ごろからは、ママが歯ブラシを使ってきちんと歯磨きをする
  • 自分でできるようになったら、歯の大きさに合った歯ブラシを選び、食後3分以内に3分くらい、歯についた食べカスを落とすように磨く(朝起きた時、一度磨くだけでは虫歯の予防にならない)
  • 自分でできるようになっても、歯磨きの後はママが時々みてあげること(とくに上の前歯に食べカスがつきやすく、虫歯になりやすいので、注意する)

 

フッ素を塗ることも、虫歯予防に有効です。

 

予防がうまくいっているかどうか、定期的に歯科医にみてもらって指導を受けるといいでしょう。




関連ページ

口内炎(こうないえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鵞口瘡(がこうそう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
地図状舌(ちずじょうぜつ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
口唇・口蓋裂(こうしん・こうがいれつ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
上皮真珠(じょうひしんじゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天歯(せんてんし)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
歯が生えない
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。