赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



あせも

母と子

こんな病気:汗がたまりやすいところに痒い赤いブツブツができます

 

赤ちゃんの顔、額、首の周り、脇の下など汗のたまりやすいところに、かゆみのある小さいブツブツができます。

 

汗の出てくる汗腺の管がつまり、汗が外に出ずにたまってできます。

 

暑く、湿度の高い夏に特に多いのですが、最近は暖房の影響で、冬でもみられます。

 

あせもは早く治さないと、こじらせて湿疹となって治りにくくなったり、また、ひっかいているうちに細菌に感染すると、「とびひ(伝染性膿痂疹)」や「あせものより(汗腺膿瘍)」となってしまうこともあります。

 

「あせものより」は汗腺の深いところまで化膿したもので、頭や顔にでき、痛みがあります。

 

治療:汗をまめに洗い流して、涼しい環境にすれば数日で治ります

 

1日に2回くらいシャワーやお風呂に入れ、皮膚を清潔にし、よく汗を洗い流してあげて、涼しい環境にしていれば、数日で治ります。

 

湿疹化したり、あせものよりができてしまった場合は、受診してください。

 

湿疹となった場合は塗り薬を塗り、とびひ(伝染性膿痂疹)やあせものよりができた場合は抗生物質の服用も必要です。

 

予防には肌着を通気性と吸湿性のよい木綿製のものにします。

 

汗をかいたら、濡れたタオルでやさしく拭きます。

 

夏はまめに汗を流し、肌着を交換します。

 

また冬でも汗をかきすぎないよう、暖房や衣類を調節します。




関連ページ

おむつかぶれ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
皮膚カンジダ症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
接触皮膚炎(せっしょくひふえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
中毒疹(薬疹)(ちゅうどくしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水いぼ(伝染性軟属腫)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
とびひ(伝染性膿痂疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
母斑(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
血管腫(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。