赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



水いぼ(伝染性軟属腫)

母と子

こんな病気:ウィルス感染でできるいぼで、プールなどで感染

 

伝染性軟属腫ウィルスの感染で起こる、いぼの一種です。

 

いぼが破れて、中のウィルスが飛び散ると感染するので、プールなどでよくうつります。

 

アトピー性皮膚炎の子供はとくにかかりやすいです。

 

症状:体のあちこちに赤みやかゆみのないブツブツが複数できます

 

直径が1〜3mmくらいの、表面がなめらかないぼが胸や脇の下、ひじ、膝にできます。

 

よく見ると中央にくぼみができています。

 

ふつうはかゆみはなく、色もほかの皮膚と変わりませんが、ときには、周りにかゆい湿疹ができます。

 

いぼが破れるとウィルスが飛び散り、あちこちにうつるので、1個だけのことは少なく、数個から数十個以上もできたりします。

 

治療:ほうっておくと、どんどん増えるので、少ないうちに早めに治療しましょう

 

治療には次に2つの考え方があります。

 

  • 水いぼは悪性ではないが、他人にもうつり、どんどん増えることもあるので、特殊なピンセットでつまんで取る(痛みはあるが効果は確実)、硝酸銀を塗るなどの方法で早めに除去する。
  • 放っておいても数か月から数年で自然に治るので除去せず、自然に治るのを待つ。

 

しかし、自然に治るのを待つ間にどんどん増えて体中に広がることも多いため、数が少ないうちに早めに治療したほうがよいでしょう。




関連ページ

おむつかぶれ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
皮膚カンジダ症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
接触皮膚炎(せっしょくひふえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
中毒疹(薬疹)(ちゅうどくしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
あせも
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
とびひ(伝染性膿痂疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
母斑(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
血管腫(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。