赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



とびひ(伝染性膿痂疹)

母と子

こんな病気:水疱やただれが体のあちこちに広がります

 

虫さされや擦り傷、アトピー性皮膚炎などを引っ掻いたところに、ブドウ球菌が感染するとジクジクして水疱ができます。

 

水疱は破れやすく、破れるとただれになります。

 

破れたときに水疱の中の菌が飛び散り、あちこちにまた水疱ができます。

 

かゆみも強いので、引っ掻く子も多いものです。

 

その広がり方から、「飛び火」と呼ばれています。

 

初夏から夏にかけて、乳幼児から学童によくみられます。

 

また、溶血性連鎖球菌によるかさぶたの多いタイプのとびひもあります。

 

治療:患部を清潔にして抗生物質を塗ります。抗生剤の内服も必要です

 

抗生剤を内服します。

 

また、患部は清潔にして、抗生物質入り軟膏を塗り、ガーゼで覆っておきます。(菌が飛び散るのを防ぐため)

 

ステロイド軟膏は症状を悪化させるので、アトピー性皮膚炎などで使っている場合は医師に相談しましょう。

 

また、悪化させないために、子供の爪は短く切っておきます。

 

毎日シャワーを浴びて皮膚を清潔に保つことが大切です。

 

治るまで、公衆浴場やプールは避けます。

 

きちんと医師の治療を受けて早めに治しましょう。




関連ページ

おむつかぶれ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
皮膚カンジダ症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
接触皮膚炎(せっしょくひふえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
中毒疹(薬疹)(ちゅうどくしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
あせも
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水いぼ(伝染性軟属腫)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
母斑(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
血管腫(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。