赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



母斑(あざ)

母と子

母斑は、皮膚に、青、茶、黒などさまざまな色をした、いろいろな形をしたものが出る皮膚の異常(あざ)です。

 

皮膚のメラニン色素をつくる細胞のかたまりで、どのくらいの深さにあるかで、色が違って見えます。

 

表面に近ければ黒く、真皮に近いと茶色に、さらに深い真皮にあると青く見えます。

 

母斑細胞母斑は黒や褐色のあざです。

 

扁平母斑は茶色、蒙古斑や太田母斑は青い色をしています。

 

生まれた時からあるものも多いのですが、遺伝とは関係があります。

 

母斑の治療には、@切除などの手術、Aレーザー治療があります。

 

メラニン色素だけを壊すレーザーとしては、ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、炭素ガスレーザーなどがあります。

 

ごく稀な悪性化の危険性のあるものを除いて、治療は美容を目的にしたものが主なので、あわてる必要はありません。

 

あざの大きさ、色、場所などによって、治療法や時期は違ってきますので、専門医によく相談しましょう。

 

母斑細胞母斑(色素性母斑)

 

色は褐色から黒色をしていて、境界がしっかりしており、小さいものからかなり大きなものとさまざまです。

 

大きなものは毛が生えていたり、表面がでこぼこなものもあります。

 

小さなものは「ほくろ」と呼んでいます。

 

体のどこにでもでき、だれでも数個はもっています。

 

小さなものは治療する必要はありません。

 

しかし、非常にまれに大きなものは悪性化するものがあります。

 

外観に変化がみられたら、皮膚科を受診してください。

 

扁平母斑(カフェオレ斑)

 

褐色調のあざで、平らで盛り上がりはありません。大きさはさまざまです。

 

生まれつきのものと、思春期になってできるものがあります。

 

自然に消えることはありませんが、悪性化する心配もありません。

 

ただし、このあざが多いときは、一度受診してください。

 

レーザー治療を行うこともありますが、再発することも多いものです。

 

蒙古斑

 

黄色人種ではほとんどの赤ちゃんにみられ、ふつう、手のひらぐらいの大きさで、おしりにあります。

 

自然にだんだん薄くなり、10歳ごろまでには消えます。

 

手足や顔、おなかや背中にあるものは、異所性蒙古斑といい、薄くはなりますが、ふつうの蒙古斑と比べると消えにくいものです。

 

スイッチタイプのルビーレーザーで消すことができます。

 

太田母斑

 

目の周りやほおにできる青あざです。蒙古斑に比べると、色にむらがあり、自然に消えることはありません。

 

女子に多くみられ、治療を希望する人が多いものです。

 

レーザー治療を行います。

 

大きさにもよりますが、何度か治療する必要があります。

 

根気よく治療しなければなりません。

 

脂腺母斑

 

頭や顔によくできる黄白色調のあざで、生まれたときからわかることが多く、初期は比較的平坦ですが、成長とともに盛り上がってきます。

 

自然に消えることはなく、治療法は手術による切除です。

 

獣皮様母斑(巨大色素性母斑)

 

大型の色素性母斑で、主として体幹(胴体)にあり、ときには半身以上に及びます。

 

頭や顔にみられる場合には、中枢神経にも異常を示すこともあります。

 

悪性化する危険性もあるため、切除することが望ましいものです。




関連ページ

おむつかぶれ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
皮膚カンジダ症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
接触皮膚炎(せっしょくひふえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
中毒疹(薬疹)(ちゅうどくしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
あせも
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水いぼ(伝染性軟属腫)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
とびひ(伝染性膿痂疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
血管腫(あざ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。