赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



はしか(麻疹)

母と子

原因:麻疹ウィルスの飛沫感染

 

麻疹ウィルスがはしかにかかっている患者のせきやくしゃみで飛び散り、それを吸い込んで感染します。

 

感染してから発症するまでの期間は10〜12日くらいです。

 

麻疹ウィルスは熱の出始めから発疹3〜4日ぐらいまでは患者から出ています。

 

症状:熱が出て、普通のかぜ症状

 

はじめの2〜3日は38度前後の熱が出て、せき・くしゃみ・鼻水などを伴う普通のかぜのようです。

 

口の中やのどが赤くなって痛みます。

 

結膜炎をおこして目が赤くなったり、目やにが出たりします。

 

第2〜3病日ごろ、ほおの内側の粘膜にコプリック斑という周りが赤く小さな白い斑点が数個から十数個みられます。

 

体に発疹が出ていなくても、このコプリック斑が現れればはしかと診断がつきます。この斑点は発疹が出る時期まで続きます。

 

3?4日後には熱は37度代に下がり、再度上がるという独特の発熱パターンを示します。

 

このときの発熱は最初のときより高く、39〜40度前後にまでなることもあります。

 

再発熱とともに、まず耳の後ろや顔に赤いブツブツした発疹が出てきます。

 

発疹は円形の赤い斑点で境目はくっきりしていて4?5mmとやや大きめです。

 

しだいに胸、おなか、背中から手足の先まで2?3日かけて広がります。発疹はくさんできて、やがて発疹同士がくっついてまだらになっていきます。

 

赤色の発疹は、4〜5日たつと暗赤色〜茶褐色に変わってきて、皮膚に茶色の色素沈着を残します。色素沈着は1か月くらいで自然に消えます。

 

発疹が出ている4〜5日間は熱が高く、目が充血したり、声がかすれるとともに苦しそうなせきをします。この時期が症状が最も重い時期です。

 

1週間くらいで熱は下がり始め回復に向かいますが、せきだけ残ることもあります。

 

治療:安静にして解熱剤や鎮痛剤で対症療法を行います。

 

麻疹ウィルスに有効な薬はないので、症状に応じて解熱剤や鎮痛剤を使います。合併症の恐れのあるときは抗生物質を使います。

 

重症の場合や合併症の恐れのあるときは入院することもあります。

 

高熱が出て体力を消耗する病気なので、家庭では静かな部屋に寝かせ安静にします。

 

部屋は適温に保って換気を十分にしてください。

 

食欲がなくなりますが水分の補給は十分に行ってください。

 

特に赤ちゃんの場合は脱水症状を起こさないよう十分注意してください。ビタミンA,B,Cの補給にも気を付けます。

 

お風呂は熱が下がるまで避けますが、おしりをぬるま湯で洗ってあげるのはだいじょうぶです。

 

病気が治っても1〜2か月は体力が弱っています。ほかの病気にかからないよう気をつけましょう。予防接種も1か月以上あけて体力が回復してからにします。

 

38.5度以上の高熱があるとき、ずっと元気がないときは解熱剤を使ってもいいでしょう。

 

1週間を過ぎても高熱が下がらないときは合併症が疑われますので必ず受診します。

 

発疹が出て、せきが出ている間は感染力が強いので、ほかの子供との接触は避けましょう。

 

合併症:肺炎を起こしやすいので熱が下がらない場合は受診してください。

 

はしかは症状の激しい病気ですが、さらに肺炎、急性気管支炎、喉頭炎や急性中耳炎などの合併症を起こしやすく、下痢が見られることもあります。

 

中でも多いのは肺炎で発病後10日を過ぎても熱が下がる気配がみられず、せきもひどくなるような場合は、肺炎が疑われます。

 

また、まれに脳炎を起こすこともあります。熱が下がらず、けいれん、意識障害がおこるときは脳炎が疑われます。

 

後遺症:10万人に1人の割合で数年後に亜急性硬化性汎脳炎がおこります。

 

4歳〜20歳代に見られますが、多くは学童期に起きます。

 

最初は落ち着きがなくなる、記憶力の低下、異常行動などがみられるようになり、だんだん進行するとけいれんや体を動かそうとしないのに不自然に動いてしまう不随意運動、視力障害などが現れます。

 

さらに進行すると、痴呆、寝たきり状態になり、数か月から2〜3年で死亡してしまいます。

 

現在のところ確実な治療方法はありません。

 

予防:1歳になったらなるべく早く予防接種を!

 

はしかは今でも子供の思い病気の1つです。

 

せきと高い熱が続くのに、とくに有効な治療方法がなく、重い合併症もあります。

 

予防接種が特に必要な病気です。

 

予防接種を受ける前に兄弟がはしかにかかったなど、感染の危険がある場合は、発病の予防や症状の軽減を図るため、ガンマグロブリンを注射することがあります。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水ぼうそう(水痘)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
MRSA感染症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。