赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

母と子

原因:ムンプスウィルスの飛沫感染によって起こります。

 

ムンプスィルスが原因で、感染してから発症するまでの期間は2〜3週間です。

 

感染させやすい時期は耳下腺がはれる数日前から発病後10日くらいです。

 

幼児期にかかるとが多く、症状が出ない無症状感染が30〜40%見られます。この場合でも一生続く免疫ができます。

 

おたふくかぜのほかにも、別のウィルスの感染で耳下腺がはれることがありますし、繰り返し耳下腺がはれる病気(反復性耳下腺炎など原因はいくつかある)もあります。検査で区別できます。

 

症状:突然耳の下などが腫れます

 

突然、耳の下からほお・あごなどがはれて、押すと痛みます。

 

耳の下にあって唾液を出している耳下腺がはれるのが普通です。

 

まず片方がはれ、2〜3日してもう片方がはれてくることが全体の75%で、25%は片方だけはれます。

 

耳下腺のはれと同時に半数くらいに発熱がみられます。3日目くらいがはれも熱も最大です。

 

その後3日から1週間くらで治ります。

 

治療:治療薬はないので、症状を軽くする対症療法を行います。

 

特別な治療薬はないので、症状を軽くする治療を行います。

 

痛みが取れるまでは安静にし、頭を冷やしたり、ほおのはれや痛みには冷湿布をします。解熱剤・鎮痛剤を使うこともあります。

 

口を開けたり、噛むと痛むため、食欲がなくなります。

 

食事は噛まなくてよいもの、消化の良いものをあげましょう。

 

発病してから1週間以上たっても高熱、頭痛、吐き気のあるときは受診してくださいl。

 

合併症:無菌性髄膜炎、難聴、睾丸炎などに注意

 

無菌性髄膜炎、難聴、睾丸炎などの合併症のほか、膵臓炎を起こすこともあります。

 

無菌性髄膜炎

 

髄膜炎を起こしやすく、3%ぐらいに見られます。

 

髄膜炎の症状がなくても、髄液検査をするとおたふくかぜの3分の2に異常があるという報告もあります。

 

発熱、頭痛、嘔吐などがあり、症状は細菌性髄膜炎とよく似ていますが、軽症ですみ、命にかかわったり、後遺症はありません。症状に応じて対症療法を行います。

 

まれに脳炎も起こります。

 

難聴

 

おたふくかぜになった人の1万5千人〜2万人に1人くらいの割合で起こるといわれていましたが、300人に1人という報告もあり、重要な合併症です。

 

発症後、数日して突発難聴障害を起こします。

 

ふつう片方の耳だけで、日常生活にあまり差支えないことと、子供も親も気がつきにくいことから、早期治療が遅れ、治りにくいことが多くなります。

 

睾丸炎・卵巣炎

 

思春期以降の人がかかると男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を併発することがあります。

 

睾丸炎になっても、普通は片方の睾丸だけの炎症で、普通は不妊症の心配はほとんどないといわれています。

 

予防:予防接種があります。

 

おたふくかぜワクチンによる予防接種が1歳から受けられます。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
はしか(麻疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水ぼうそう(水痘)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
MRSA感染症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。