赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



水ぼうそう(水痘)

母と子

原因:水痘・帯状疱疹ウィルスの飛沫感染や接触感染で起こります

 

水痘・帯状疱疹ウィルスが患者のせきやくしゃみで飛び散りそれを吸い込んだり、患者の水疱が破れて、出てきた液に直接触ったりすると起きます。

 

感染してから発病するまでの期間は2〜3週間です。

 

うつしやすい時期は、発疹のできる1〜2日前から発疹がかさぶたになるまでです。

 

乳児から幼児期の子供がかかりやすい感染症です。

 

水痘・帯状疱疹ウィルスは感染力が強く、一度かかると一生続く免疫ができます。

 

症状:37〜38度くらいの熱とともに水疱ができます。

 

37〜38度くらいの熱とともに頭や耳の後ろに赤い小さな発疹が出て、全身に広がります。

 

この発疹は水が入ってぷくっと膨らんだ小豆くらいの水疱になります(膿疱)。

 

この水疱になるころにかゆみがとても強くなります。

 

膿疱は2〜3日でしぼみ、黒褐色のかさぶたになって1週間くらいで治ります。

 

かさぶたが取れたあとの皮膚には、しみのようなものが残りますが、数か月で自然に消えます。

 

熱は普通3〜4日で下がります。

 

治療:特別な治療法はありません。かきむしらないようにします。

 

免疫不全があったり、重い場合はアシクロビルという薬を使います。ふつうは自然に治っていくので、対症療法を行います。

 

非常にかゆみが強いのが特徴です。

 

かゆみをなるべく感じさせないよう、室温や衣服を加減して暑さを感じないようにし、爪は短く切り、手を清潔にしておきます。

 

かゆみがひどいときは、石炭酸亜鉛華糊膏という塗り薬をつけますが、さほど効果は期待できません。

 

かきむしったりして、水疱が化膿したときは抗生物質の軟膏を塗ったり、内服したりします。

 

水ぼうそうやインフルエンザの場合、アスピリン入りの解熱剤で激しい嘔吐、意識障害などを伴う「ライ症候群」を起こすことがあるので、アスピリンは使わないようにしましょう。

 

高熱が続くときは受診してください。

 

合併症:水ぼうそうのあと、数十年後に帯状疱疹を起こすことも

 

まれに無菌性髄膜炎や脳炎を起こすことがあります。

 

また、水ぼうそうは治っても、ウィルスは長く体内の神経節細胞内に留まっているため、数十年後に帯状疱疹(帯状ヘルペス)という病気を起こすことがあります。

 

帯状疱疹

 

水ぼうそうにかかって数十年後に免疫力が落ちて、水痘・帯状疱疹ウィルスが活性化すると起きます。

 

このウィルスの初感染型が水ぼうそう、再発型が帯状疱疹というわけです。

 

大人の帯状疱疹から感染して子供が水ぼうそうになることがあります。

 

中年以降の人に多くみられますが、乳児期前半に軽く水ぼうそうにかかった場合や免疫抑制剤などで治療を受けている免疫不全の場合は子供でもみられます。

 

帯状疱疹になると、顔・胸・足などの神経にそって、帯状に痛みのある赤い丘疹や水疱ができます。

 

大人の場合はとくに治療しなくても3〜4週間で自然に治りますが、神経痛が残る場合があり、早めに治療します。

 

とくに子供の帯状疱疹は、子供になにか他に異常があることが多いので、早く治療する必要があります。

 

予防:予防接種があります。

 

水痘・帯状疱疹ワクチンによる予防接種があります。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
はしか(麻疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
MRSA感染症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。