赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



突発性発疹(とっぱつせいほっしん)

母と子

原因:ヒトヘルペスウィルスの感染で2歳以下の乳幼児に起こります。

 

ヒトヘルペス6型ウィルスが主な原因ですが、感染力が弱くはっきりとした流行はありません。

 

ヒトヘルペス7型ウィルスやほかのウィルスで起こることもあり、そのため2度かかることもあります。

 

感染してから発症するまでの期間は1〜2週間です。

 

2歳以下の乳幼児、特に生後6か月〜1歳くらいのときにかかりやすく、生まれて初めての高熱がこの病気ということはよくあります。

 

1年を通じてみられますが、季節の変わり目に多くみられる傾向があります。

 

ヘルペスウィルス群の特徴として、初感染のあと体内に潜んでいて、体の免疫力が低下すると、活性化して症状が現れることがあります。

 

とくに臓器移植後の合併症との関係が問題になっています。

 

症状:突然、高熱が出て、熱が下がると発疹が全身に出ます。

 

突然39度くらいの熱が出て、3〜4日続きます。熱が下がると、小さな赤いブツブツした発疹が全身にできます。この発疹はかゆみがほとんどありません。

 

高い熱が出るわりには元気なのが特徴です。

 

高熱があってぐったりと元気がない場合には、ほかの病気である可能性も考えなくてはなりません。

 

発疹は3〜4日で消え、病気は終わります。

 

ブツブツの混じった下痢をしたり、のどが赤くなり、鼻汁が出ることもありますが、せきやくしゃみは出ません。

 

高熱のため、熱性けいれんを起こすこともあります。

 

全身性けいれんで意識がなくなるのでママはびっくりするでしょうが、普通2〜3分以内でおさまり、障害は残りません。

 

10〜15分以上続く、体の一部がけいれんする、意識障害が長く続くなどのときは単純な熱性けいれんでない心配があるので、受診してください。

 

治療:安静にして水分補給を十分に

 

家庭で安静にして、水分を十分に補給していればよいでしょう。

 

いつもより母乳やミルクの飲み方が悪くなりがちですが、その場合は、白湯や薄いお茶、乳幼児用イオン飲料などで水分を補給してください。

 

軽い下痢があっても、母乳やミルクはそのまま飲ませていいでしょう。

 

高熱が出るので、ママは心配しますが、あまり危険性のない病気です。

 

解熱剤を使うと中毒疹(薬疹)とまぎらわしく、診断がつきにくいので、使わないで様子を見ることもありますが、高熱が続くと食欲がなくなるため、解熱剤を使うことが多いです。

 

また、熱性けいれんを起こしたことのある赤ちゃんにも予防のため解熱剤を使います。

 

ただし、解熱剤を使っても一時的に熱が下がるだけで、完全には下がりません。

 

熱や発疹のあるときは入浴は避けますが、おむつかぶれを起こさないように、おしりはお湯で洗って清潔にしてあげましょう。下着やおむつはまめに交換します。

 

心配のいらない病気ですが、38.5度以上の高熱が続いたときは受診をしてください。

 

また、熱性けいれんなどを起こしたら、受診をしてください。

 

合併症:熱性けいれんを起こすことも

 

突発性発疹は、高い熱が続いてもあまり心配のない病気です。

 

熱性けいれん、軽い肝機能障害がときどきありますが、一過性のものです。

 

ごくまれに脳炎、急性脳症、劇症肝炎のような重い合併症が報告されています。

 

予防

 

この病気に対する予防接種はありません。ほかの予防接種をするときは、治ってから1か月あけるといいでしょう。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
はしか(麻疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水ぼうそう(水痘)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
MRSA感染症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。