赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



百日ぜき(ひゃくにちぜき)

母と子

原因:百日ぜき菌の飛沫感染で、2歳未満の幼児が多くかかります。

 

百日ぜき菌が患者のせきやくしゃみなどで飛び散り、それを吸い込んで起こります(飛沫感染)。

 

感染してから発症までの期間は1〜2週間です。

 

発症後、最初の2〜3週間は感染させやすいのですが、その時期を過ぎ、せきもおさまってきたら、外に出ても大丈夫です。

 

この病気はママから免疫をほとんどもらわないので、0歳の赤ちゃんでもかかります。

 

2歳未満の小さな子供に多くみられます。

 

1度かかれば免疫ができます。

 

症状:かぜのような症状が1〜2週間続きレプリーゼを伴います。

 

最初はくしゃみ、せき、微熱など、かぜと同じような症状です。この症状が1〜2週間続きます。

 

そのうちにレプリーゼという笛の音のような吸気がみられるようになり、特に夜間にひどくなります。

 

このせきは2〜3週間続き、だんだんと減少してきますが、2か月くらい続くこともあります。

 

レプリーゼ

 

顔を真赤にしてコンコンと激しくせきこみ、最後にヒューッと音をたてて大きく息を吸い込むことを繰り返し、大きな子供では、最後に痰を出して終わるのが特徴です。

 

1回のせきの発作は2〜3分ですが、1日に数十回起き、とくに夜中に多いので、眠れなくなります。

 

しかし、最近はこのレプリーゼを起こすことは少なくなってきています。

 

百日ぜきは、特有の症状のほか、細菌培養や血液検査をすると診断がつきます。

 

6か月未満の赤ちゃんがかかると、せきの最中(ときにはせきもでないのに)、無呼吸、ひきつけを起こすことがあります。

 

赤ちゃんが原因不明のひきつけを起こした場合は百日ぜきを疑う必要があります。

 

治療:初期ならば抗生物質が効きますが、せきを軽くするのは大変

 

百日ぜきは、ごく初期ならば抗生物質が有効ですが、せきが強くなってからの効果は期待できません。

 

しかし、せきを軽くするのはむずかしく、泣くなどのちょっとした刺激でも起こるので、注意しなければなりません。

 

室内を乾燥しすぎないようにします。

 

おなかいっぱい食べてもせきが出やすいので、少量づつ食べさせます。水分補給はこまめに行ってください。

 

呼吸困難や高熱、けいれんなどが見られたら、すぐ受診してください。

 

入院して治療します。

 

赤ちゃんでは急性脳症や肺炎などの合併症を起こすことがあります。

 

合併症:肺炎、中耳炎などを起こします

 

肺炎、急性中耳炎、急性脳症などがあります。

 

強いせきのため、まぶたのはれ、目の充血、頭の皮下出血、舌小帯断裂、気胸、皮下気腫、鼠径ヘルニアなどがみられることがあります。

 

予防:DPTをなるべく早く受けてください

 

月齢が低くてもかかる病気で、しかも低いほど重症になりやすいので、予防接種、DPT(3種混合、ジフテリア、百日ぜき、破傷風)をなるべく早く受けましょう。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
はしか(麻疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水ぼうそう(水痘)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
MRSA感染症
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。