赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



MRSA感染症

母と子

こんな病気:多剤耐性の黄色ブドウ球菌による感染症です

 

MRSAは外国名の頭文字で、本来はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことでしたが、今は多剤耐性黄色ブドウ球菌のことをさしています。

 

黄色ブドウ球菌は、皮膚のおでき、化膿性肺炎、髄膜炎などの化膿性炎症を起こす代表的な細菌で、鼻やのどにもいる常在菌の1つです。

 

初めは、ブドウ球菌にはペニシリンという抗生物質が有効でした。

 

ペニシリンは、ブドウ球菌の細胞壁がつくられるときに活動する酵素の働きを妨害し死滅させます。

 

ヒトの細胞には細胞壁がありませんから(細胞膜はあります)、ペニシリンは細菌だけに効くよい薬でした。

 

しかしまもなく、ペニシリンの1部を壊し効力を失わせる物質を出すブドウ球菌(ペニシリン耐性ブドウ球菌)が現れました。

 

そこで次は、その物質にも壊されないペニシリン系の新薬がつくられ、その1つがメチシリンです。

 

ところが、メチシリンが結合しにくい酵素をもったブドウ球菌が現れるようになりました。

 

また、ペニシリンと同じようによくつかわれるセフェム系抗生物質も細胞壁合成阻害剤で、広範囲の細菌に効果がありますが、盛んに使われた結果、メチシリンだけでなく、ほかのいろいろな抗生物質も効かない多剤耐性の黄色ブドウ球菌が現れるようになりました。

 

このいろいろな抗生物質が効かない多剤耐性黄色ブドウ球菌をMRSAと呼び、その感染で起こる病気をMRSA感染症といいます。

 

MRSAと院内感染

 

病院は、病気のために体の抵抗力が低下して感染症にかかりやすい人が多いですし、手術の後や、人工呼吸器、点滴輸液などで、大小の管が体の中や血管に入っていて感染を起こしやすい環境にあります。病院の中で発生する感染を院内感染といいます。

 

院内感染には

 

  • 体の外から病原体が入ってくる場合、
  • もともと体の中にあって、普段はおとなしくしている微生物が、体の抵抗力が低下したときに、感染症の症状を現すようになる場合

 

の2種類があります。

 

病院の中には、多剤耐性菌がいっぱいいますから、院内感染を起こす病原体も種類が多く、それが感染を起こすと、効き目のある抗生物質を見つけるのが難しくなります。

 

MRSAは院内感染の重要な原因の1つです。

 

普通の黄色ブドウ球菌にくらべて、とくに毒力、感染力が強いわけではなく、健康な人の皮膚や鼻の中にいても病気は起こしません。

 

体の抵抗力がおちていたり、人工呼吸器など人工的な感染ルートができているときなどに症状を起こすようになります。

 

治療:保菌者に治療は必要ありません。

 

MRSAに感染して症状が出た場合は、MRSAに効き目のあるバンコマイシンなどの抗生物質で治療します。

 

入院していた赤ちゃんが、鼻腔の培養検査などでMRSAがいわれることがあるかもしれません。しかし、何も症状がないのが普通で、MRSA保菌者といいます。

 

症状もなく、退院したら自然に消えてしまうことが多いので、原則として治療はしませんが、定期的な検査は必要です。

 

ただ、抵抗力の落ちている人に感染させる可能性があるので、手をよく洗うこと、慢性の病気があったり、大手術を受ける予定の人との接触を避けるようにします。

 

必要な場合は、除菌処置をしてもらうようにします。




関連ページ

予防接種について
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
はしか(麻疹)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
風疹(三日ばしか)(ふうしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水ぼうそう(水痘)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヘルパンギーナ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
プール熱(咽頭結膜熱)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
リンゴ病(伝染性紅斑)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
結核(けっかく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。