赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



頭蓋骨早期癒合症(ずがいこつそうきゆごうしょう)

母と子

こんな病気:頭蓋骨が早く閉じてしまう病気です。

 

頭蓋骨は、前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨という4つの骨からできています。

 

子供はこれからどんどん頭が大きくなっていくため、骨と骨の間は軟らかい組織(縫合線)でつながっています。

 

なんらかの原因で、この縫合線が早く骨化して頭蓋骨が閉じてしまい、脳の成長を阻害することもある病気です。

 

症状:頭の形がいびつになります

 

頭の形がいろいろに変形します。

 

極端に前後に短く横に幅広い頭、前後に長い頭、斜めの頭などさまざまです。

 

軽い場合は、発達の遅れはまれですが、縫合線が何か所も閉じてしまった場合は、脳の中の圧が高くなって、脳を圧迫し、脳の成長が妨げられて、発達が遅れることもあります。

 

また、視神経が圧迫されて、視力の発達が妨げられることもあります。

 

頭がひどくいびつな場合は、一度脳神経外科を受診したほうがよいでしょう。

 

寝るときのくせで、後頭部が扁平なのは、多くは心配ないもので、頭の位置に注意したり、ドーナツ枕などをしてあげます。

 

治療:頭蓋骨を開く手術をします。

 

頭蓋骨が閉じてしまい、脳への圧迫が強いと脳の発達に悪影響が出てくるので、頭蓋骨を切り離して、頭の形を良い形にする再建手術をします。

 

圧が上昇していなくても、変形が強い場合は、頭蓋再建手術で頭の形を整えることができます。




関連ページ

水頭症(すいとうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小頭症(しょうとうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
二分脊椎(にぶんせきつい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
泣き入りひきつけ
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
熱性けいれん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
てんかん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
髄膜炎(ずいまくえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
脳炎(のうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性脳症(きゅうせいのうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。