赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



泣き入りひきつけ

母と子

こんな病気:大泣きしたときなどに起こすひきつけです。

 

生後6か月から、3?4歳の子供に多くみられます。

 

かんしゃくを起こして大泣きしたり、急にびっくりしたときに、けいれんや、ぐったりして意識を失ったりするものです。

 

原因:脳の発達が未熟なために起こるものです。

 

赤ちゃんや子供は、脳の発達が未熟なため、ほんのわずかな刺激でも、脳細胞を刺激して、さまざまな形の発作を起こしやすいものです。

 

大泣きしたり、びっくりしたり、突然の大きな痛みや恐怖などが原因になります。

 

症状:発作は多くの場合、1分以内におさまります。

 

大泣きしている途中、突然呼吸を止め、顔が紫色になって、全身をつっぱらせたり、急にびっくりした拍子に蒼白になってぐったりします。

 

発作は多くの場合、1分以内でおさまります。

 

治療:自然に起こらなくなるので、治療の必要はありません。

 

一時的にひきつけただけですから、治療の必要はありません。

 

脳の未熟さが原因なので、5?6歳になって、脳が発達してくると、自然に起こらなくなります。

 

ひきつけを起こしやすい子供でも、大泣きしたり、かんしゃくを起こした時に、抱き上げて気をまぎらわすと、ひきつけなくて済む場合もあります。




関連ページ

水頭症(すいとうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
頭蓋骨早期癒合症(ずがいこつそうきゆごうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小頭症(しょうとうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
二分脊椎(にぶんせきつい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
熱性けいれん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
てんかん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
髄膜炎(ずいまくえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
脳炎(のうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性脳症(きゅうせいのうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。