赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



自閉症(じへいしょう)

母と子

こんな病気:人とのコミュニケーションをとりにくいのが特徴

 

医学的な用語でいうと、自閉症は

 

  1. 対人的相互交渉(社会性)の障害
  2. 言語/コミュニケーションの障害
  3. 想像力の障害およびそれに基づく行動の障害

 

の3つの症状を一定の基準以上併せ持つ場合をいいます。

 

自閉症と診断できるほど症状は強くないけれど、この3つの症状を軽くもつ場合、かつては「自閉傾向」とあいまいな表現が使われましたが、今日ではこうした軽症の子供も含めて「広汎性発達障害」と呼んでいます。

 

この中には、2の言語の障害が目立たない「アスペルガー症候群」というタイプもあります。

 

自閉症は症状が出そろう3歳ごろに多くは診断されますが、年齢とともに症状が軽くなっていくこともあります。

 

自閉症の原因は、育て方に問題があるため、情緒障害とされた時代もありましたが、今日では、脳の機能障害に起因する発達障害の一種であることがわかっています。

 

症状:社会性や言語の発達などに障害が出ます。

 

1.対人的相互交渉の障害

 

親があやしても笑うなどの反応に乏しく視線が合いにくい、周りの人に興味を示さず後追いをしないなどが小さいうちはみられます。

 

幼稚園に入る頃になっても、共感性が乏しく、一緒になってなにかをするというのが苦手です。

 

友達とかかわって遊べずに受け身だったり、ひとり外れてしまうタイプが多くみられますが、なかには積極的にかかわろうとするけれど一方的で友達から嫌がられてしまうタイプもいます。

 

2.言語/コミュニケーションの障害

 

言語の遅れは多くの自閉症児でみられ、「言葉が遅れている」ことがきっかけで医療機関に相談するケースが多いようです。

 

反響言語(相手の言ったことをそのまま繰り返す=おうむ返し)や独り言が長い期間みられることが多く、ある程度言語が発達してきても、それをコミュニケーションの道具としてうまく用いることがとても苦手です。

 

3.想像力の障害およびそれに基づく行動の障害

 

おままごとやお店屋さんごっこなどの「ごっこ遊び」や、積み木を電車に見立てて走らせるなどの「見立て遊び」が苦手です。

 

おもちゃが違う場所にしまってある、買い物へいく順序がいつもと違うといった、些細な変化も嫌がるといった、変化への抵抗や同一性保持の傾向があり、こだわりが強くみられることがあります。

 

また、突然パニックを起こす、感覚の過敏さがある、横目づかいやひらひらするものを好むといった特徴的な視線行動がみられる、などの特徴があります。

 

治療:早期発見、早期治療で、社会に適応していく力をみにつけます

 

早期発見、早期治療が原則になります。

 

できるだけ、早期に診断を受けて、親が障害を受け入れ、腰を据えて子育てに取り組むことが何より大切です。

 

そのうえで、母子通園施設(親子で一緒に保育や訓練を受ける施設)や療育機関(治療や訓練を専門に行う施設)に通うといいでしょう。

 

指示に従って行動できるようにする生活指導や認知レベルを少しずつ引き上げていく訓練をしっかりやっていくことで、社会に適応していく力をつけていくことができます。

 

保育園でも、できるだけ過配の保育士(障害児保育枠で、クラスについてもらう保育士)についてもらい1対1でかかわってもらうとよいでしょう。

 

感覚統合訓練や音楽療法なども有効といわれています。米国で有効性の実証されたTEACCHプログラムも少しずつ我が国でも取り入れられてきています。

 

強いパニック行動や多動、睡眠覚醒リズムの乱れなど、育てにくさが著しい場合、薬物療法をすることもあります。




関連ページ

運動発達遅滞(うんどうはったつちたい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
フロッピーインファント
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
脳性マヒ(のうせいまひ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
言語発達遅滞(げんごはったつちたい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
知的障害(ちてきしょうがい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
注意欠陥/多動性障害(ADHD)(ちゅういけっかん/たどうせいしょうがい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。