赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



注意欠陥/多動性障害(ADHD)(ちゅういけっかん/たどうせいしょうがい)

母と子

こんな病気:いつも動き回ったり、衝動的な行動をします。

 

子供は、大人の目から見ると多かれ少なかれ動きが激しく、チョコマカしているものです。

 

しかし、なかには明らかにそうした範囲を超えて、片時もじっとしていられずすぐどこかへ行ってしまったり、衝動的に行動するので、危なくて目が離せなかったりする子がいます。

 

こうしたいわゆる多動児は、精神遅滞や自閉症の子供のなかにもみられますが、そうした問題のない子供にもみられることがあります。

 

そのために周りの環境にうまく適応できまくて、本人にも周りにも不都合が生ずる場合を「注意欠陥/多動性障害(ADHD)」と呼んでいます。

 

症状:友達と遊ぶのが苦手で、集団生活に適応しにくい

 

幼児期に落ち着きのなさが多少気になる程度なら、ほとんどは成長とともに落ち着いてきます。

 

ADHDの子供は、保育園や幼稚園に入ってから、ほかの子供と仲良く遊んだり集団行動をするのが苦手で、勝手気ままに行動をしたり、ほかの子供とトラブルを起こしがちになります。

 

また、しばしば身体的にも不器用でぎこちなさが目立ちます。

 

小学校低学年のうちは、席を離れてしまったり先生の話が落ちついて聞けなかったりすることが多く、短期的な記憶が苦手なことが多いせいもあって、学習が遅れがちになります。

 

しかし、多くは年齢を追うごとに多動や衝動性は減少し、だんだんとまとまりのある行動がとれるようになっていきます。

 

ただ、攻撃性が強く、自分に対するイメージ(セルフイメージ)の低い子供のなかには思春期になって、非行などの問題行動に走る割合が高いことが知られています。

 

ADHDのなかには、不注意が目立つタイプ、多動・衝動性が目立つタイプ、その両方を併せ持つタイプが知られています。

 

治療:気が散りにくい環境を整えてあげましょう

 

ADHDの子供は、いつも周りの大人から叱られたり友達とうまくいかなかったりで、自分自身に対して自信を失い、本人もどうしていいかわからなくなっていることが多いものです。

 

ですから、「こうしてはダメ」と否定的に叱るよりも、「こういうふうにしたほうがいいよ」と具体的に指示を出してそれができたら褒めてあげ、カレンダーにシールを貼るなど、一定の成果が出たらきちんと評価してあげることで、よいセルフイメージを育て自分のコントロールしようとする気持ちを引き出してあげることが大切です。

 

家庭や保育園・幼稚園で、不必要なものを周囲に置かず、部屋を落ち着いた色調にし、シンプルに整えるなど、環境づくりに配慮すると、気の散りやすさを減らす手助けになるでしょう。

 

こうした配慮をしてもADHDの症状が強く、学校に入って学習の遅れやセルフイメージの低下が懸念されるときには、リタリンという中枢神経刺激剤を使用すると有効なことがあります。




関連ページ

運動発達遅滞(うんどうはったつちたい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
フロッピーインファント
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
脳性マヒ(のうせいまひ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
言語発達遅滞(げんごはったつちたい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
自閉症(じへいしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
知的障害(ちてきしょうがい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。