赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



かぜ症候群(上気道炎)

母と子

こんな病気:ウィルス感染による鼻やのどの炎症です。

 

主に、ウィルスの感染によって、鼻からのどにかけての上気道の粘膜 が炎症を起こした病気です。

 

いろいろなウィルスの感染症は、まず、かぜの症状から始まることが多く、またウィルスに侵されているときには細菌が侵入しやすいため、二次感染を起こすことがあります。

 

「かぜは万病のもと」といわれるのはそのためで、単なる上気道炎かどうか判断できるのは数日たってからです。

 

症状:くしゃみ、鼻水、ときには軽い発熱もあります。

 

くしゃみや鼻水が主な症状です。熱は出てもそれほど高くなく、機嫌もさほど悪くなりません。

 

ふつう、かぜの場合は、2?3日で熱などの全身の症状が消え、ほかの症状も少しずつ軽くなっていきます。38度以上の熱が出て、食欲がなく、機嫌が悪いときには、受診しましょう。

 

とくに生後2か月以内の赤ちゃんの場合、まだウィルスに感染することが少ない時期です。熱が出たときは、かぜ以外の病気かもしれませんから、必ず受診します。

 

治療:自然に治りますが、症状を和らげるようにします。

 

多くの場合は自然に治るので、特別な治療は必要ありません。

 

赤ちゃんが元気で症状が軽いときは、様子をみていても大丈夫です。

 

鼻水がつまらないように、綿棒で鼻の入り口を掃除したり、室内の温度を上げて、のどを刺激しないようにするなど、赤ちゃんが楽になるよう手当をしてあげましょう。

 

水分の補給は十分にしてください。

 

症状がひどくつらそうなときは、解熱鎮痛剤、せき止め、鼻水止め(抗ヒスタミン剤)などを使います。

 

また、細菌感染を起こしているときは、抗生物質を出されることもあります。




関連ページ

インフルエンザ(流行性感冒)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
クループ症候群
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
嚥下性肺炎(えんかせいはいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細気管支炎(さいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天性喘鳴(せんてんせいぜんめい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肺炎(はいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。