赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



嚥下性肺炎(えんかせいはいえん)

母と子

こんな病気:誤って気道に異物が落ちたことによる肺炎

 

食べ物や異物が誤って気道に落ち、それが肺に入り込み、肺に炎症を起こしたものです。

 

症状:かぜの症状がないのにひどくせき込みます

 

元気がよく、かぜの症状がなにもない赤ちゃんが急に激しくせきこみ、なかなか止まらない、変なせきが続くという場合は、誤って飲んだものが気管支から肺に落ちていった、という心配があります。

 

また、気管に入った直後は激しくせきこんでも、そのうちにせきが止まってしまうことがあります。

 

すると、しばらくたって肺炎を起こしてから、再びせきがひどくなります。

 

このようなときは、診察をうけても急性気管支炎と診断されることもあります。

 

鼻水などのかぜ症状がないのにせきだけひどい、という場合は、以前に突然せきこんだり、なにか飲み込んだ様子がなかったかどうか、思い出してみましょう。

 

治療:飲み込んだものを取り出してから肺炎の治療をします

 

聴診器で肺の音を聞いたり、レントゲン写真を撮って調べます。

 

気管支異物が疑われたときはファイバースコープ(気管支鏡)を使って、異物があればすぐに取り除きます。

 

ピーナッツなどの豆類は、レントゲンにうつりにくく、また取り出すときにつぶれやすくやっかいなものです。

 

しかも脂肪分が溶けて肺炎を起こしやすいので、小さいうちは食べさせないほうがよいでしょう。

 

異物を取り除いてから肺炎の治療をします。




関連ページ

かぜ症候群(上気道炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
インフルエンザ(流行性感冒)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
クループ症候群
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細気管支炎(さいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天性喘鳴(せんてんせいぜんめい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肺炎(はいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。