赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



細気管支炎(さいきかんしえん)

母と子

こんな病気:2歳以下の赤ちゃんに多い気管支奥の炎症です

 

気管支の奥にある細気管支に、炎症が起こります。

 

かぜなど、感染による上気道の炎症に伴って起こることが多いものです。

 

多くは冬から春先にかけて、パパやママ、兄弟などがかぜをひいているときに起こりやすいものです。

 

2歳以下、とくに6か月未満の赤ちゃんでは、RSウィルスなどのウィルスに感染すると、この細気管支炎が起こることがあります。

 

症状:せきがひどく、呼吸が速くなります

 

細気管支の炎症があると、もともと細い赤ちゃんの細気管支が細くなり、空気が通りにくくなるため、呼吸困難を起こしやすくなります。

 

熱があまり高くないのに、ゼーゼーとせきがひどくなり、呼吸が速くなって、おっぱいやミルクが飲みにくくなります。

 

ひどくなると、チアノーゼを起こすことがあります。

 

呼吸のたびに鼻がピクピクしたり、肋骨と肋骨の間がへこむようなことがあったら、夜間や休日でも、すぐに受診します。

 

治療:急に悪化することがあるので、入院が必要になります

 

急に症状が悪化することがありますから、入院治療が必要です。




関連ページ

かぜ症候群(上気道炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
インフルエンザ(流行性感冒)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
クループ症候群
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
嚥下性肺炎(えんかせいはいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天性喘鳴(せんてんせいぜんめい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肺炎(はいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。