赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



肺炎(はいえん)

母と子

こんな病気:肺に炎症が起き、熱やせき、呼吸困難などを起こす病気

 

細菌やウィルスなどに感染し、肺に炎症が起こる病気です。

 

原因によって、出る症状やその程度、治療法が違ってきます。

 

レントゲン検査や、のどのぬぐい液の培養検査をして、原因をつきとめ、それに合った治療をします。

 

かぜ症候群(上気道炎)や急性気管支炎、はしか(麻疹)などに合併しておこすことが多いでしょう。

 

また、月齢の低い赤ちゃんの場合、高熱やひどいせきなどの肺炎の特徴的な症状がなくても肺炎を起こしていることがあります。

 

原因:細菌、ウィルス、マイコプラズマなどさまざまです

 

細菌

 

肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌、溶連菌などが原因で、かぜ症候群(上気道炎)や急性気管支炎のとき、これらの細菌に感染し、発症するケースが多いでしょう。

 

ウィルス

 

アデノウィルスやRSウィルスに感染したとき、インフルエンザ(流行性感冒)、はしか(麻疹)、水ぼうそう(水痘)になったとき肺炎を合併することがあります。

 

月齢の低い赤ちゃんだとサイトメガロウィルスが原因になることもあります。

 

マイコプラズマ、クラミジア

 

細菌とウィルスの中間くらいの大きさのマイコプラズマやクラミジアという病原体でも肺炎を起こします。

 

症状:発熱、せき、呼吸困難などですが、ひどいときは全身症状も出ます

 

肺炎の典型的な症状は、かぜ症状から始まり、高い熱が続いて、せきがひどく、呼吸も荒くなることです。

 

細菌性肺炎

 

これらの症状が強くでるので特徴で、4日以上高熱が続き、痰の絡んだせきが続き、呼吸も苦しそうです。

 

聴診器を当てると、呼吸するたびに雑音(ラッセル音)が聞こえます。また、レントゲン検査をすると、肺に影がうつります。

 

ひどいときは呼吸困難を起こします。顔色が悪く、食欲もなく、ぐったりするといtった全身症状が出ることもあります。

 

呼吸困難がひどいときや脱水の恐れがあるときは、入院することが多いでしょう。

 

呼吸困難やチアノーゼがひどいときは、膿胸(肺を包んでいる肋膜に炎症が起こり膿がたまる病気)をおこすこともあります。

 

細菌性肺炎は症状が急激に進むことが多いので、早め受診しましょう。

 

ウィルス性肺炎

 

細菌性肺炎に比較して症状は軽いことが多いのですが、肺の間質という部分に炎症が起こるため、呼吸困難やチアノーゼが出る場合もあります。

 

マイコプラズマ肺炎

 

比較的元気で、熱も高くないのに、痰のからんだせきだけが長く続くのが特徴です。

 

赤ちゃんには少なく、幼児期後半から学童期にかかりやすい病気です。聴診器を当ててもラッセル音が聞こえないこともあり、レントゲン検査をして初めて気付かれることもあります。

 

クラミジア肺炎

 

ふつう熱はなく、鼻水、せき、ゼーゼーするといった症状が出ます。

 

結膜炎を起こすこともあります。

 

産道感染が主なので、6か月未満の赤ちゃんに多い病気です。

 

治療:原因となっている病原体に効き目のある抗生物質などを使います

 

のどのぬぐい液を培養して、原因になっている細菌、ウィルス、マイコプラズマ、クラミジアを探し、それに対して有効な薬を使います。

 

熱やせき、脱水などに対しては、その症状を和らげる対症療法を行います。

 

細菌性肺炎

 

原因となっている細菌に有効な抗生物質による治療をします。

 

呼吸困難がひどいときは酸素吸入、口からものを飲みこむことができないときは脱水予防のために点滴が必要なので、入院になることが多いでしょう。

 

膿胸を合併したときは、入院して、膿胸ドレーンを挿入して膿を吸い出します。

 

ウィルス性肺炎

 

原因となっているウィルスに有効な抗ウィルス薬があるときはそれを使います。

 

重症の場合は、ガンマグロブリンを使うときもあります。

 

マイコプラズマ肺炎

 

マクロライド系の抗生物質がよく効きます。

 

ほかの抗生物質を使っても効き目がないので、せきが長引くときは受診しましょう。

 

クラミジア肺炎

 

抗生物質を使って治療します。




関連ページ

かぜ症候群(上気道炎)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
インフルエンザ(流行性感冒)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
クループ症候群
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
嚥下性肺炎(えんかせいはいえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細気管支炎(さいきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ぜんそく様気管支炎(ぜんそくようきかんしえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
先天性喘鳴(せんてんせいぜんめい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。