赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



胃腸炎

母と子

こんな病気:ウィルスや細菌が原因で嘔吐や下痢を起こす病気

 

子供の下痢の原因はいろいろありますが、その多くはウィルスや細菌などの病原体の経口感染によるものです。

 

ウィルスが原因になっている場合が、細菌よりも多いです。

 

ウィルスでは、ロタウィルスが多く、とくに冬の乳幼児の下痢の多くはロタウィルスです。

 

そのほかアデノウィルス、小型球形ウィルスなどがあります。

 

細菌にはサルモネラ菌、カンピロバクター菌、病原大腸菌、ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、エルシニア菌、赤痢菌などがあります。

 

病原体に汚染された食品を飲食して、胃腸炎などを起こした場合は性食中毒といいます。

 

症状:食欲がなくなり、嘔吐、下痢、腹痛があります

 

食欲がなくなり、嘔吐、下痢、腹痛が起こります。

 

ウィルスによる胃腸炎では、うんちは水のような、においの強くない下痢便のことが多く、粘液が混じることはありますが、血便が出ることはめったにありません。

 

多くは吐いた後に下痢が始まりますが、下痢と嘔吐が同時に起こることもあります。ふつうは吐く回数はそれほど多くなく、嘔吐も激しくありません。

 

熱が出ることもありますが、高熱が続くことはあまりありません。鼻水やせきのあることもあります。

 

水様下痢便がたびたびあるのに、嘔吐してしまうために水分の補給ができず、脱水症を起こすような場合のほかは、あまり重くならず、数日で治っていきます。

 

細菌による胃腸炎は、軽くすむ場合もありますが、ときには重症になることがあって、油断できません。

 

下痢便に血液や膿が混じったり、腐ったような嫌なにおいがあるときは、細菌が原因と考えられるので、早く診察を受けたほうがよいでしょう。

 

治療:水分を十分に補給して、消化のよい食事にします

 

ウィルスが原因の胃腸炎は、症状も軽くすむことが多いので、2〜3日間、消化のよい食事をして、水分を十分に補給します。

 

赤ちゃんの場合は、母乳ならそのまま、ミルクなら少し薄めて与えます。

 

吐いて飲めないときは量を減らしたり、しばらく水分だけにします。

 

一度にたくさん飲ませると吐き気を誘うので気をつけましょう。

 

下痢や嘔吐では水だけでなく電解質も失われるので、乳幼児用イオン飲料(少量の食塩と糖分が入ってます)や、治療用の経口輸液剤を少量ずつ飲ませます。

 

家でつくるなら水100mlに食塩0.2〜0.3g、砂糖2〜3gを加えたものをつくって飲ませるとよいでしょう。

 

離乳期以降ならば、母乳、ミルク、あるいはおかゆと野菜だけで様子をみます。

 

症状がよくならずかえって進行するようなら、しばらく絶食(半日から1日)にしてみます。

 

絶食の間も水分の補給だけは続けます。

 

食欲がなく、与えても吐いて脱水症進むようならば受診して点滴輸液をしてもらうと早く治ります。

 

細菌による下痢では、とくに熱が続き、腹痛、吐き気、嘔吐、血便、悪臭便があって、元気がなくなるような場合は注意が必要です。

 

すぐに受診してください。




関連ページ

サルモネラ腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
カンピロバクター腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腸管出血性大腸菌腸炎(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんちょうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ロタウィルス胃腸炎(乳幼児冬季下痢症)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細菌性食中毒(さいきんせいしょくちゅうどく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
周期性嘔吐症(アセトン血性嘔吐症)(しゅうきせいおうとしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胃食道逆流現象(いしょくどうぎゃくりゅうげんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヒルシュスプルング病
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児痔瘻(にゅうじじろう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鎖肛(さこう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児肝炎(にゅうじかんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。