赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)

母と子

こんな病気:腸の中に腸が入り込むためひどい痛みのある病気

 

突然、腸管の一部が下部の腸管の中にもくりこみ、腸が二重になってしまう病気です。

 

最も多い例は、小腸末端(回腸)が、大腸の始まりの部分に入り込む形で起こります。

 

はっきりした原因はわかっていませんが、かぜなどで腸管壁のリンパ節が腫れると、腸管の動きが制限されるため、起こりやすくなるようです。

 

ごくまれに腸壁のポリープや憩室などが先進部となることもあります。

 

発症後、24時間以内なら手術をしないで治ります。

 

入り込んだ部分の腸に血液が流れなかったり、24時間以上たつと、その部分が壊死となるため、手術で取り除きます。

 

4か月から2歳までの乳幼児に起こりやすく、再発しやすいものです。2歳以上になるとだんだん起こさなくなり、4歳以上では、ほとんど起こしません。

 

周期的に激しく泣く、嘔吐、血便などの典型的な症状があるときは、小児科と外科のある総合病院を一刻も早く受診します。

 

症状がはっきりしないときでも、かかりつけの小児科に相談しましょう。その時点では腸の入り込み方が軽度でも、その後進行することもあるので様子をみることが大切です。

 

早期発見が決め手になります。赤ちゃんや小さい子供は言葉で痛みを訴えられないので、ママや周りの人が気づいてあげましょう。

 

症状:突然激しく泣く、ケロッとするのを繰り返すのが特徴

 

元気に遊んでいた子供が、突然に腹痛のために泣き出し、顔色を真っ青にして、嘔吐をします。

 

腹痛を訴えられない赤ちゃんの場合は、不機嫌になったり、急に激しく泣き出します。

 

このときおなかを触ると、おなかの右上の部分にしこりを触れることもあります。

 

しかし、2?3分で痛みはおさまるので、激しく泣いたあと、泣きやんでケロッとして母乳やミルクを飲んだり、遊び始めたりします。

 

このようなことを20?30分おきに繰り返します。そのうちだんだんぐったりしてきて、食欲が全くなくなります。

 

痛みの激しいとき、全く平気なときがはっきりしていて、繰り返し起こるのが特徴です。

 

このような症状が起きたら、すぐに受診してください。

 

入り込んだ腸管粘膜が傷つき、イチゴゼリーのような血便がしばしば出ます。

 

治療:高圧浣腸が治療の原則です

 

発症して24時間以内なら、ほとんんどの場合は高圧浣腸をするだけで治ります。

 

再発したときも、まず高圧浣腸をします。

 

高圧浣腸をしても治らない場合や、発症から長時間たち脱水や腸閉塞を起こしている場合は手術をします。

 

再発を繰り返すときは、腸の造影検査、超音波検査などをして腸重積を起こす原因を調べる必要があります。

 

腸にポリープや憩室がみつかった場合はその治療をします。

 

高圧浣腸

 

肛門からカテーテルを入れ、36度くらいに温めた造影剤(バリウム)を混ぜた水溶液を高圧(100cmの水柱圧)で大腸内に注入し、腸管に入り込んでいる回腸をもとに戻します。

 

空気を送り込む方法もあります。

 

このほうが手軽で、おなかにもれても安心なので、最近は増えてきています。

 

しかし、注入圧が調節しにくく、ちゃんと戻ったかどうかを確認しにくい欠点もあります。

 

手術

 

回腸が二重に入り込んでいる場合には、開腹手術をして、回腸を押し出します。

 

腸重積の原因となる病変が陥入していた小腸壁にあるかどうかを確認し、ポリープや憩室などがある場合はこれを切除します。

 

また回結腸靱帯が発達している場合は、これを切り離します。

 

陥入していた回腸の組織が死んでしまっている場合は、その部分を切除してつなぎ合わせます。




関連ページ

胃腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
サルモネラ腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
カンピロバクター腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腸管出血性大腸菌腸炎(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんちょうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ロタウィルス胃腸炎(乳幼児冬季下痢症)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細菌性食中毒(さいきんせいしょくちゅうどく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
周期性嘔吐症(アセトン血性嘔吐症)(しゅうきせいおうとしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胃食道逆流現象(いしょくどうぎゃくりゅうげんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヒルシュスプルング病
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児痔瘻(にゅうじじろう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鎖肛(さこう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児肝炎(にゅうじかんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。