赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)

母と子

こんな病気:腸などが鼠径部にはみ出してしまう病気

 

本来なら腹腔の中にあるはずの内臓の一部が、腹腔以外のところにはみ出してしまう病気をヘルニアといいます。

 

鼠径ヘルニアはももの付け根の鼠径部に、腸などがはみ出る病気です。片方に起きることが多いものです。

 

ママのおなかの中にいるときは、男の子の睾丸が腹腔内にありますが、生まれる少し前に腹腔をひっぱるようにして、腹壁内にトンネルを開け、陰嚢内に降り、腹腔のトンネルは自然に閉じます。ところが、それが完全に閉じていない場合は、泣いたりして腹圧がかかると腸が鼠径部に脱出してきます。

 

腸が陰嚢内に入ると、陰嚢までがはれることもあります。

 

女の子の場合は、鼠径部に卵巣が飛び出してくることがあります。

 

100人に2人と比較的多くみられる病気です。男子と女子の比率は2:1くらいです。

 

症状:ももの付け根が膨らんだり、引っ込んだりします

 

ももの付け根が膨らんだり、引っ込んだりします。

 

痛みはないようです。朝は引っ込んでいますが、一日遊んで夕方になると脱出が目立つようになります。泣くとでやすいものです。

 

男の子の場合は、陰嚢が大きくなることもあります。

 

ももの付け根や陰嚢がふくらんだときは、指で押さえて引っ込んだり小さくなったりするか確かめておきましょう(いずれにしても受診します)

 

治療:鼠径ヘルニアを起こしたらすぐ受診して、元に戻してもらいます

 

鼠径ヘルニアは自然に治ることもあるので、発症した年齢によって治療方針は違います。

 

生後3か月以内の場合は、篏頓ヘルニアを起こす心配がなければ、自然に治ることも多いので様子をみます。

 

生後4か月から1歳までの場合は、定期的に診察をします。

 

ヘルニアの出る頻度が減っていく赤ちゃんなら自然に治ることもあるので、1歳まで様子をみます。治らないようなら1歳ごろに手術をします。

 

ヘルニアを頻繁に繰り返したり、飛び出す量が多くなった赤ちゃんなら自然に治ることは期待できないので、生後6か月すぎに手術をします。

 

1歳以上でヘルニアがある場合はすぐ手術をします。

 

女の子の場合は、卵巣がダメージを受けやすいので、早めに手術をします。

 

いずれの場合でも、篏頓ヘルニアを起こして戻らないときはすぐに手術をします。

 

手術は、ヘルニアの部分を切開し、中の腸などが腐っていないことを確認し、おなかの中に戻します。ヘルニア嚢の上部を結び、ヘルニア嚢を切り離します。

 

篏頓ヘルニア

 

腸が鼠径部に飛び出してしまったまま戻らなくなる病気です。

 

飛び出した腸は根元のところで締め付けられるので赤ちゃんはひどく泣きます。

 

飛び出した部分は血液が通わなくなるため、その部分の組織が壊死することもあります。

 

篏頓ヘルニアを起こしたらすぐ受診して元に戻してもらいます。

 

元に戻らないときは手術になります。




関連ページ

胃腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
サルモネラ腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
カンピロバクター腸炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腸管出血性大腸菌腸炎(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんちょうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ロタウィルス胃腸炎(乳幼児冬季下痢症)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
細菌性食中毒(さいきんせいしょくちゅうどく)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
周期性嘔吐症(アセトン血性嘔吐症)(しゅうきせいおうとしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胃食道逆流現象(いしょくどうぎゃくりゅうげんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ヒルシュスプルング病
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児痔瘻(にゅうじじろう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
鎖肛(さこう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
乳児肝炎(にゅうじかんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。