赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

母と子

こんな病気:動脈管が閉じないままになっている病気

 

赤ちゃんが胎内にいたときは、肺動脈と大動脈の間に動脈管(ボタロー管)と呼ばれる血管があります。

 

この血管は、生まれてから自分で呼吸をするようになると、1日くらいで自然に閉じます。

 

まれに閉じずに開いたままになっているのがこの病気です。

 

症状:心雑音が主症状、心不全が起こることもあります

 

動脈管を通して、大動脈の血液が肺動脈に流れ込みます。

 

血管が細いときは、心雑音が聞こえる程度ですが、太くて血液がたくさん流れ込むと、肺高血圧症を合併して、赤ちゃんのときから心不全を起こすこともあります。

 

治療:手術が必要、カテーテルでの治療も可能になりました

 

細い動脈管開存では、生後1か月くらいまでに遅れて閉じることもありますが、それ以外は経過をみても、自然に閉じることはほとんどありません。

 

動脈管開存が細くて、心臓への負担が少ない場合でも、細菌性心内膜炎の危険因子になります。

 

心室中隔欠損症と同様に、感染の予防が必要です。

 

手術はある程度体力がついてから行います。

 

人工心肺を使わない手術なので、ほかの先天性疾患の手術よりは、子供の負担が少ないものです。

 

最近では、カテーテルの先端からコイルを入れて動脈管に栓をする方法も行われるようになってきました。

 

この方法は手術より負担が軽く、胸に傷を残すことがありません。




関連ページ

機能性心雑音(きのうせいしんざつおん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
川崎病(かわさきびょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。