赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



川崎病(かわさきびょう)

母と子

こんな病気:高い熱が続いた後、心臓に後遺症が残ることも

 

1967年に、川崎富作博士によって世界で初めて発見された病気です。

 

原因は不明ですが、高い熱と発疹が続き、急性期の症状が治った後に、心臓や血管に動脈瘤の後遺症が残ることのある病気です。

 

全身に血管炎が起きていることがわかってきました。とくに心臓冠状動脈に動脈瘤ができて、そこに血栓(血液のかたまり)ができやすいことが最大の問題です。

 

症状:目の発赤や手足のはれ、いちご舌などが特徴的な症状

 

次のような症状がいくつか重なったら、川崎病の疑いがあります。

  • 40度近い高熱が、5日以上続く
  • 手足がはれてパンパンになる
  • 発疹がある
  • 目が真っ赤になる
  • 唇が口紅を塗ったように真っ赤になり、舌もいちご状になる
  • リンパ節がはれる

 

これらの症状が1〜2週間で消えた後、指先から皮膚がポロポロとむけてきます。

 

これが川崎病の最も特徴的な症状です。

 

治療:血栓ができないよう薬を飲みます

 

川崎病が疑われたら、血栓ができるのを予防するため、アスピリンを内服します。

 

免疫グロブリンを大量に投与すると、動脈瘤ができにくいという報告もあります。

 

退院時に後遺症が認められなくても、定期的に検査が必要です。

 

急性期の1か月間に心臓に異常がなければ、ほとんどの場合は後遺症の心配はありませんが、念のため、3か月後と6か月後に検査を受けたほうが安心です。

 

そこで異常が認められなければ、まず大丈夫でしょう。

 

少し冠動脈が大きくなっている、という程度のときは経過をみることが多いので、指示に従って検査を受けます。

 

明らかに冠動脈に動脈瘤が認められる場合は、薬を飲むことになります。

 

1か月に1回は受診して、薬をきちんと飲み続ける必要があります。




関連ページ

機能性心雑音(きのうせいしんざつおん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。