赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



アトピー性皮膚炎

母と子

こんな病気:かゆみのある湿疹で長く続きます

 

赤ちゃんや幼児に多い、かゆみのある湿疹で長く続くのが特徴です。

 

年齢によってできやすい部位や湿疹の様子は変わってきます。

 

赤ちゃん時代は、顔や首などに赤くジクジクした湿疹が、頭には脂漏性湿疹がみられることが多く、幼児期は、ひじの内側やひざの裏側にゴワゴワした湿疹がみられるでしょう。

 

いずれにしても、肌はきめの粗い乾燥肌で、少しの刺激ですぐトラブルを起こしがちです。

 

かゆみが強いので、しょっちゅうひっかいていたり、肌にひっかき傷があります。

 

ただ、こまめに気長にスキンケア(必要なら塗り薬を使う)をしていれば、成長につれてよくなっていくことが多いでしょう。

 

原因:セラミドが少ないアレルギー体質の子供に、なんらかの刺激が加わったとき

 

セラミドは皮脂膜の成分で、皮膚の表面にある角質細胞の隙間を埋めています。

 

皮脂は、摩擦や汗、汚れなどいろいろな刺激物から皮膚を守っていますから、これが少ないとちょっとした刺激でも皮膚が傷つきやすくなります。

 

また、アトピー性皮膚炎の子供の親戚や兄弟には、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎などアレルギー性の病気をもっている確率が高いこと、アトピー性皮膚炎の子供の血液検査をすると、IgE値が高いことから、アトピー性皮膚炎にはアレルギー体質が関係していることはわかっています。

 

しかし、乾燥肌でアレルギー体質だからといって、みんながアトピー性皮膚炎を起こすわけではありません。

 

よだれやよごれ、食物などのアレルゲン、気候などなにかの刺激があったときに、アトピー性皮膚炎の症状が出てくるようです。

 

ただ、アトピー性皮膚炎の場合は、ほかのアレルギーの病気と比べてアレルゲンはみつけにくいことがことが多いようです。

 

症状:赤ちゃん時代はジクジク、1歳過ぎはカサカサが多いようです

 

赤ちゃんのころは、顔、とくに耳の下、首のまわり、胸などに赤く盛り上がった湿疹ができ、ひどくなるとジクジクしてきます。

 

かゆみがあるので、ひっかいたあとがあったり、手をさかんにその場所にもっていくなどをします。

 

湿疹ができ始める時期はその子によって違いますが、早い子だと生後1か月ぐらいからでき始めます。

 

離乳食を始めるころ、もっと大きくなって出てくることもあります。

 

なかには、脂漏性湿疹がひどく目立つ赤ちゃんもいます。

 

症状は一進一退のことが多く、一時的にきれいになっても、また悪化することもよくあります。

 

幼児期になると、ジクジクした湿疹から、皮膚がカサカサした感じになってきます。

 

顔や頭だけでなく、手足、とくにひじの内側やひざ裏などがゴワゴワしてきます。

 

耳の下の皮膚が切れて血が出たりする耳切れを起こすこともあります。

 

皮膚がかゆくて、しょっちゅう皮膚をひっかいたり、かき壊して血が出たり、眠れなかったりすることもあります。気候が乾燥する冬場に悪くなることが多いようです。

 

また、乾燥肌だと刺激に弱いので、とびひ(伝染性膿痂疹)、水いぼ(伝染性軟属腫)、カポジ水痘様発疹症(痛みとかゆみの強い水疱がたくさんできる病気。

 

単純ヘルペスウィルスが原因で抗ウィルス剤が有効)になりやすいものです。

 

皮膚の状態がふだんと違うときは、医師に相談しましょう。

 

ただ、成長につれて、過敏だった乾燥肌も角質層が厚くなり、だんだん刺激にも強くなる傾向があるので、気長に治療しましょう。

 

治療:毎日のスキンケアをきちんとして、かゆみの強いときは上手に塗り薬を使います

 

スキンケア

 

乾燥肌には、保湿剤で皮脂を補い、刺激となる汚れなどを落として清潔を保つことが基本です。

 

よだれや食べ物で汚れやすい顔や手はまめにふくようにし、毎日シャワーか入浴をさせましょう。

 

石鹸は手で十分泡立てて、さっと軽く洗うようにします。タオルでごしごしこするのは、刺激が強すぎるので避けましょう。

 

熱めのお湯は刺激になるので、お風呂やシャワーはぬるめのお湯で手早く済ませます。

 

お風呂やシャワーの後は、保湿剤(ワセリン、ヒルドイド、チョコラザーネなど)を薄く塗ります。

 

保湿がよくなってきても、皮膚が敏感なのは変わっていません。

 

気長にスキンケアを続けることが大切です。

 

日常生活上の注意

 

直接、肌に触れる下着は、汗を吸収しやすく、やわらかいもの(木綿など)にします。

 

赤ちゃんに直接触れることが多いママの衣服も同様です。

 

衣服を洗う洗剤や漂白剤も刺激になる場合があるので、よくすすいで、洗剤などの成分が残っていないようにします。

 

赤ちゃんの布団やタオル、ぬいぐるみなどの玩具の清潔にも気を配りましょう。

 

家のほこりやダニも原因になるので、こまめな掃除など環境整備にも気をつけましょう

 

塗り薬

 

アトピー性皮膚炎に使う軟膏は、ステロイド剤(強さはいろいろな段階があります)、非ステロイド系抗炎症剤、保湿剤、抗生剤入り軟膏などいろいろあります。

 

皮膚のそのときの症状によって、使い分けることが大切です。

 

ステロイド剤は、炎症を抑える効果がありますから、赤くジクジクした湿疹にはよく効きます。

 

強い薬を長く使うのは副作用の心配があるので、症状を抑えたら、弱いものに変えていきます。

 

「副作用が怖いから、ステロイド剤は使わないでほしい」というママもおられますが、湿疹がひどくて、かゆみが強い場合にはステロイド軟膏を使って早く湿疹を治したほうがメリットは大きいでしょうし、短期間使うのであれば、副作用の心配はありません。

 

非ステロイド系炎症剤も、ステロイド剤ほどではありませんが、炎症を抑える作用があるので、あまり炎症がひどくないときには使うこともあります。

 

保湿剤は、炎症はなく、乾燥しているところに使います。再び悪化させないためにも保湿はとても重要です。

 

抗生剤入り軟膏は、黄色い膿をもっているような細菌感染を起こして化膿しているところに使います。

 

化膿しているところにステロイド剤を使うと逆に悪化します。

 

かゆみ対策

 

アトピー性皮膚炎はかゆみがひどいために、本人がひっかいたり、眠れなくなったりします。

 

また、ひっかくと、湿疹がひどくなったり、細菌などに感染するなど悪循環に陥りがちです。

 

かき壊さないように、本人の爪を短く切り、場合によっては、木綿のミトンで覆います。

 

寝入りばな、体が温かくなってかゆみが出やすいので、クーラーをつける、ふとんを少なめにするなどの工夫をします。

 

親が「ひっかいてはいけない」と注意しても、子供は一旦ひっかきだすとなかなか止められません。

 

叱られるとストレスに感じてますますひっかきたくなるものです。

 

子供の相手をして、かゆみから気をそらせるようにしましょう。

 

小豆を袋に入れて、かゆいところにあててあげるのも1つの方法です。

 

どうしても我慢できないというときは、親がかゆいところをポンポン叩いて気を紛らわせてあげましょう。

 

医師に相談してかゆみを抑える軟膏や抗アレルギー剤を処方してもらう方法もあります。

 

除去食について

 

赤ちゃんや子供のアトピー性皮膚炎の場合、食べ物との関係が深いといわれますが、実際に除去食が必要な子は10人に1人くらいの割合で、さほど多いわけではありません。

 

アトピー性皮膚炎だと、すぐに卵や牛乳はダメと考えるママが多いのですが、卵や牛乳は赤ちゃんに大切な動物性たんぱくですから、勝手に制限してはいけません。

 

除去食療法は医師の指導の下で行ってください。

 

その際は、まず血液検査や皮膚テストを参考に、特定の食べ物を2〜3週間やめてみる除去試験をして、どうするか医師が決定します。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚が丈夫になっていけば、たいていは小学校入学のころ、遅くとも思春期のころには治っていきます。

 

それまでは、気長に治すつもりで、あまり神経質にならず、上手につきあっていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎の治療のポイントは、適切な軟膏療法を行って湿疹をきちんと治してしまうことです。

 

中途半端な状態で治療を中断すると、かゆみが残っているため、ひっかいてしまい、湿疹はまたすぐ悪化し悪循環に陥りがちです。

 

また、湿疹の赤みがとれても、乾燥肌は残っているので、保湿剤によるスキンケアを根気よく続けていくことが大切です。




関連ページ

気管支ぜんそく
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性鼻炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
食物アレルギー
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
じんましん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小児ストロフルス
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性結膜炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。