赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



気管支ぜんそく

母と子

こんな病気:ゼーゼーヒューヒューという発作を起こす病気

 

発作のときは、気管支の粘膜がむくみ、気管支が収縮するので、気道(気管支の内膜)が狭くなり、呼吸のたびにヒューヒューと笛を吹くような音がして、呼吸が苦しくなります。
発作が重いと、呼吸困難のため、夜眠れない、食事がとれない、会話ができないなどの症状が出て、さらに重くなると意識障害を起こすこともあります。発作がないときは、ふつうに日常生活を送ることができます。
2〜3歳ごろ初めて発作を起こすことが多いのですが、きちんと治療していれば成長とともに治っていくことが多いようです。
赤ちゃんのころは典型的なぜんそく発作を起こすことはまれです。ただ、気管支ぜんそくの子供の多くは、赤ちゃんのころ、かぜをひきやすく、せきが長引いたり、ゼロゼロしたり、細気管支炎やぜんそく様気管支炎を繰り返していたことが多いようです。

 

原因:ぜんそくを起こしやすいタイプに、一定の条件が加わると発作が出ます

 

ぜんそくを起こしやすいタイプとは、以下の場合です。

 

  • 気道の過敏性が高い=ちょっとした刺激でも、せきが出たりゼロゼロする
  • アレルギー体質をもつ=子供自身、あるいは親や兄弟に、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどのアレルギー性の病気がある

 

発作を起こしやすい条件は、アレルゲン、かぜなどの感染、過労、ストレス、気候などです。

 

気管支ぜんそくのアレルゲンは、ダニやハウスダスト、花粉、猫など動物の毛など吸入性のものが主です。

 

赤ちゃんや小さい子供の場合は、牛乳や卵などの食物がアレルゲンになることもあります。

 

かぜをひいたとき、梅雨や秋口など季節の変わり目、幼児期や学童期になると運動会や遠足の後など疲れた時に発作が起きやすくなります。

 

また、ぜんそく発作を繰り返した後は、気管支粘膜が荒れているので、ほんの小さな刺激でも発作を起こしやすく、きちんと治療しないと悪循環になりがちです。

 

症状:ゼーゼーヒューヒューという苦しそうな発作が特徴。程度はさまざま

 

ゼーゼー(喘鳴)、コンコンというせき、ゼーゼーヒューヒューと肩を上下させる苦しそうな呼吸、呼吸困難が主な症状ですが、症状の出方、程度はさまざまです。

 

息を吸うときよりも吐くときが大変なので、吐く時間が長く、苦しそうです。

 

発作の程度が進むと、食事や睡眠などの日常生活も支障が出て、横になって寝ることができず、座って肩で呼吸するようになります。

 

発作がひどいときは、呼吸困難のために、汗がたくさん出て、手足や唇が紫色になるチアノーゼを起こしたり、意識障害やけいれんを起こすこともあります。

 

発作を程度によって、

  • 小発作(ゼーゼーという喘鳴はあるが、ふつうに食事や睡眠もとれる)
  • 中発作(呼吸困難があり、食事や睡眠に支障が出る)
  • 大発作(ひどい呼吸困難があり、食事や睡眠がとれない)

 

に分けることもあります。

 

また、発作の程度と、頻度で、重症度を表すこともあります。

 

●発作のときのケア

 

衣服をゆるめ、楽な姿勢(小さい子供なら立て抱き、子供ならふとんなどに寄りかからせるなど)をとらせます。

 

冷たい水を飲ませ、腹式呼吸ができるように呼吸のリズムを一緒にとってあげましょう。

 

痰が切れないときは背中を指先で軽くトントンたたいてあげましょう。

 

ふだんから、腹式呼吸を練習しておくといいでしょう。

 

軽く発作のときは、この腹式呼吸だけでも大分よくなります。

 

発作時に薬を使うように指示されている場合は、薬を飲んだり、吸入します。

 

発作のために、夜目覚めたり、眠れなかったときは翌日受診したほうがいいでしょう。

 

発作がひどく、呼吸困難、唇や爪が紫色になるチアノーゼ、意識がない、けいれんが起きた時など、危険なのですぐ受診します。

 

発作は、その都度きちんとケアすることが大事です。

 

呼吸困難が治まっても、ゼロゼロがとれるまでは、無理をさせず、薬を飲ませます。

 

目安として、発作後4〜5日は幼稚園や学校は休ませ、ゆっくりさせましょう。

 

発作のあとは気道が傷み発作を起こしやすくなっているので、悪循環を防ぐことが重要です。

 

●治療:発作をおこしにくい体づくり、環境整備、薬物療法の3本柱

 

発作を繰り返すと治りにくくなりますから、発作を起こさないことが基本になります。

 

第一には、体を鍛えて、自律神経の調節力が高まるようにします。

 

気道が過敏なのは自律神経の調節力が弱いからです。自律神経の末端がたくさん分布している皮膚を鍛えましょう。

 

  • 薄着・・・大人より1枚少なくが基本
  • お風呂上がりには、水で絞ったタオルでふく
  • 乾布摩擦・・・朝起きた時、寝付くとき。ただしアトピー性皮膚炎の子は避けます。
  • 冬でも、下着、パジャマ、布団を温めないでそのまま着る
  • 外で遊ぶ
  • 水泳をするなどを心がけましょう。

 

また、疲れがストレスがたまると発作を起こしやすいので、行事や旅行で疲れていると感じたときは無理をさせず、早めに休息をとらせましょう。

 

発作が起きていないときは、過保護にせず、ふつうに生活します。子供自身の抵抗力をつけるとかぜもひきにくくなるのです。

 

第二には環境整備です。

 

アレルゲンになりやすいダニやハウスダスト、カビをなるべく減らします。

 

  • こまめに掃除をする
  • ダニがつきやすい絨毯やぬいぐるみを取り払う
  • ペットは飼わないようにする

 

第三に薬物療法です。

 

薬の種類はたくさんありますし、毎日使う薬と発作時の薬、飲み薬と吸入などの使い方は、発作の程度や頻度によって、かなり違います。

 

主治医から、どんなとき、どのくらいの量、使うのかなど、よく聞いておきましょう。

 

β2刺激薬

 

ベネトリン、ブリカニール、メプチン、ベロテックなど、気管支の平滑筋に作用して気管支を拡げる薬です。

 

飲み薬は、発作を予防するために、毎日寝る前に服用することもあります。

 

吸入薬は即効性があるので発作時に使いますが、使いすぎると危険ですので、医師の指示によく従いましょう。

 

キサンチン製剤

 

テオドール、テオロング、アルビナ、ネオフィリンなど、気管支を拡張する飲み薬です。

 

注射薬もあります。

 

発作時に使うことが多いですが、発作を予防するために毎日服用することもあります。

 

抗アレルギー薬

 

インタール(DSCG)、ザジデン、アレギサールなど、アレルギー反応を出にくくする薬です。

 

発作を予防するために毎日使いますが、効果が表れるまで2〜3週間かかります。

 

飲み薬と吸入薬(インタール)があります。

 

ステロイド薬

 

プレトニン、アルデシンなど、抗炎症作用が強く、気管支粘膜のむくみやアレルギー反応を抑えます。

 

吸入薬と、注射薬、飲み薬(重症者)があります。

 

重症の発作のときや、発作が治りにくいときに使いますが、使い方は必ず医師の指示に従ってください。

 

発作のところでも説明しましたが、発作がひどいときは、自宅で我慢させず、入院させて治療します。

 

吸入すると一時的に楽になるので、子供自身も親も発作を軽く感じがちですが、甘くみず、しっかりと治療しておくことが大切です。




関連ページ

アトピー性皮膚炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性鼻炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
食物アレルギー
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
じんましん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小児ストロフルス
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性結膜炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。