赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



食物アレルギー

母と子

こんな病気:特定の食べ物を食べると、じんましん、下痢などを起こす病気

 

特定の食べ物を食べると、じんましん、下痢、嘔吐、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー症状を起こす病気です。

 

比較的多くみられるのは、皮膚と胃腸の症状です。

 

症状:食後数時間で、湿疹や下痢などを起こします

 

皮膚の症状としては、じんましんや湿疹を起こします。

 

ある食べ物を食べて、数分から数時間のちに症状が出るので、原因となる食べ物を特定しやすいものです。

 

胃腸の症状は、下痢や嘔吐がほとんどで、ひどい場合は血便が出ることもあります。

 

原因:卵、牛乳、小麦などがアレルゲンになりやすい

 

食物アレルギーは1歳以下の赤ちゃんに多くみられ、2歳過ぎると少なくなり、5歳くらいになるとぐっと減ってきます。

 

というのは、赤ちゃんはまだ消化機能が未熟で、十分に消化されないものを吸収してしまうことがあります。

 

食べ物も人間にとっては異物なので、消化吸収しやすい形にしないとアレルギーを起こすことがあります。

 

また、赤ちゃんは腸粘膜を守っているグロブリンA(IgA)が少ないなど消化管の免疫能力が弱いので、食物アレルギーになりやすいのです。

 

アレルゲンになりやすい食べ物には、卵、牛乳、鶏肉、魚、貝、小麦、米、大豆、そば、チョコレート、パイナップル、ピーナッツなどがあります。

 

数的に多くみられるのは、卵、牛乳、小麦アレルギーです。

 

治療:アレルゲンになる食べ物がわかれば、それを食べないことです

 

アレルゲンになる食べ物を食べさせないことが基本です。

 

しかし、これがあやしいというだけで、食べ物を制限すると、栄養不足になることもあります。

 

食事制限を行うときは、必ず医師の指導のもとで行ってください。

 

アレルゲンとなる食物が多種類の場合や、牛乳、米など主食がアレルゲンの場合は特別な配慮が必要です。

 

いずれも医師と相談しながら行ってください。

 

アレルゲンを見つける方法

 

食事日誌をつけておくと、アレルゲンをみつけるのに大変参考になります。

 

食べさせた品目と量と起こした症状を書いておきます。

 

アレルゲンを特定するのは、医師の指導のもとで除去試験、負荷試験が必要です。

 

アレルゲンと考えられる食物を2〜3週間やめて、症状がよくなるかどうかをみます(除去試験)。

 

次にその食べ物を再び与え、症状が出るかどうか観察します(誘発試験)。

 

食物アレルギーの場合は、皮膚試験(スクラッチテスト、皮肉テスト)や血液検査(ラスト法など)の結果だけでは、アレルゲンを特定することはできません。

 

食物アナフィラキシー

 

アナフィラキシーは、あるアレルゲンに極端に過敏な人に、そのアレルゲンが体内に入った直後(30分以内)、呼吸困難やショックなど激しい症状が出て、ときには生命にかかわることもある、とても強いI型アレルギー反応のことです。

 

ペニシリンや麻酔薬の注射、点滴で起こしたり、ハチに刺されて起こしたりしますが、食物でも起こります。

 

アレルゲンになる食物は、そばやピーナッツが多いようですが、数的にはごく少数です。

 

また、学童期になると、アレルゲンの食べ物を食べてすぐ運動をするとアナフィラキシーショックを起こすこと(食物依存性運動誘発アナフィラキシー)もあります。




関連ページ

アトピー性皮膚炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
気管支ぜんそく
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性鼻炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
じんましん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
小児ストロフルス
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性結膜炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。