赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



小児ストロフルス

母と子

こんな病気:虫刺されのあとがはれる、かゆみの強い発疹

 

腕や足に、赤く小さな硬い発疹がバラバラとできます。

 

虫に刺されたあとをかきむしると、このようになります。強いかゆみがあります。

 

小さい水疱をもっている発疹は、やがて褐色の小さなしこりとなり、数週間で治るものと、長い間続いて慢性化するものがあります。

 

虫に刺されやすい初夏から夏にかけて多く、秋になるとほとんどみられなくなります。

 

かゆみが強いので、夜寝られなくなって、赤ちゃんや子供は機嫌が悪くなります。かきむしった患部に細菌が感染して化膿することもあります。

 

2?3歳のアレルギー体質の子供に多くみられますが、学童期になるとかからなくなります。

 

治療:抗ヒスタミン剤を使います

 

かゆみが強いので、抗ヒスタミン軟膏を塗ります。

 

病原菌などが入って化膿しないように、爪を短く切って、手や患部を清潔にします。

 

夜寝ている間にかいてしまうときは、手袋をして寝ます。

 

予防:虫に刺されないことです

 

虫に刺されないようにするのが一番です。

 

草むらに近づかないようにし、虫に刺されそうなところへ行くときは、長そで長ズボンをはくなどして虫に刺されないように。

 

虫よけスプレーを使うのもよいでしょう。




関連ページ

アトピー性皮膚炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
気管支ぜんそく
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性鼻炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
食物アレルギー
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
じんましん
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
アレルギー性結膜炎
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。