赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



膀胱炎(ぼうこうえん)

母と子

こんな病気:膀胱が細菌やウィルスに感染し炎症を起こす病気

 

膀胱が主に細菌、ときにウィルスによる炎症が起こった病気です。

 

細菌によるものは大部分が大腸菌です。

 

女の子は、尿道が短く、尿の出口が肛門に近いので、膀胱が大腸菌などの細菌に侵されやすく、膀胱炎が多くみられます。

 

ウィルスによるものは、春から夏にかかる場合が多く、男の子に多くみられます。

 

症状:おしっこが濁る、近くなる、痛みを感じるなど。血尿がることも

 

細菌によるものは、おしっこが濁ったり、近くなります。おしっこをするときに痛みがあり、出終わってもまだ尿が残っている感じがするなどの症状もあります。

 

しかし、赤ちゃんの場合は、排尿痛、残尿感などを訴えることはできないので、不機嫌になって泣きます。

 

熱が出ることもありますが、腎盂腎炎の場合のように、高熱にはなりません。

 

一般に排尿回数が増えます。

 

尿を培養して、検査すると、たくさんの白血球がみつかります。

 

ウィルスのよるものは、アデノウィルスによるものが多く、急性出血性膀胱炎を起こします。

 

排尿のときに急に痛みが起こり、尿の回数が増え、血尿が出ます。血尿はよく排尿の終わりにみられます。

 

治療:細菌性のものは抗生物質を服用、ウィルス性のものは自然に治ります

 

細菌性のものは、尿路感染症と同じです。抗生物質を服用すれば、1週間くらいで治ります。

 

ウィルス性の膀胱炎の場合は、血尿が出てびっくりしますが、重い病気ではありません。

 

3〜4日くらい安静にしていれば、自然に治ります。

 

膀胱炎を何度も繰り返す場合は、尿道や膀胱に異常がある可能性があるため、検査を行います。




関連ページ

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腎盂腎炎(じんうじんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水腎症(すいじんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
停留睾丸(ていりゅうこうがん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
包茎(ほうけい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外陰炎(がいいんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。