赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



腎盂腎炎(じんうじんえん)

母と子

こんな病気:腎盂に細菌が感染して、炎症を起こす病気です

 

腎臓の出口にある腎盂と腎実質に、細菌による炎症が起こる病気です。

 

細菌はふつう尿道から逆流して腎盂に入り込みますが、血液やリンパ液から入り込む場合もあります。

 

細菌は大腸菌の場合がほとんどです。

 

症状:高熱が出て、腰が痛みますが、赤ちゃんの場合は、嘔吐や黄疸も

 

39度前後の高熱が出て、寒気、腰の痛みがあり、排尿するときに痛みます。

 

赤ちゃんの場合、これらの不快な症状を訴えられませんが、顔色が悪くなったり、機嫌が悪くなって、吐いたりします。

 

黄疸がみられることもあります。

 

赤ちゃんの原因不明の高熱は、腎盂腎炎のことがります。

 

よくかぜと間違えられ、抗生物質を服用すると、症状はおさまりますが、服用をやめるとまた同じことを繰り返す場合にこの病気のことがあります。

 

治療:抗生物質の服用で数日で治りますが、原因となる尿路の異常の有無を検査します

 

尿路感染症と同じですが、原因となる菌がわかれば、適切な抗生物質を服用します。

 

ほとんどの症状は3日くらいでとれますが、尿路に異常がないかどうか検査をする必要があります。




関連ページ

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
膀胱炎(ぼうこうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水腎症(すいじんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
停留睾丸(ていりゅうこうがん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
包茎(ほうけい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外陰炎(がいいんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。