赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



水腎症(すいじんしょう)

母と子

こんな病気:尿が出にくくなって腎機能が低下します

 

尿管が細くなっていて、尿が出にくくなるため、腎盂が拡張し、腎実質が圧迫され、腎機能が低下する病気です。

 

原因としては、先天的な腎盂尿管移行部狭窄や尿管膀胱移行部狭窄などのほか、膀胱尿管逆流現象でも水腎症を起こすことがあります。

 

尿の逆流現象を繰り返すと二次的に尿管炎が起き、尿管の閉塞を起こすからです。

 

症状:ふつうは片方なので、目立った症状がありません

 

ふつうは片方の腎臓に起きるので、目立った症状はありません。

 

発見されても自然に治ることも多く、その場合、経過観察だけでいいこともあります。

 

腹部が膨らんできたり、尿が滞るため、尿路感染症や腎盂腎炎を起こしやすく、それがきっかけで発見されることもあります。

 

先天性水腎症は、妊娠中の超音波検査による胎児診断で発見されることもあります。

 

治療:軽いものは様子をみます。重症は手術をします

 

軽い場合は、大人になるまでなにもトラブルが起こらないことが多いので、尿路感染症に注意しながら、様子をみます。

 

尿路感染症を繰り返す場合は手術をします。

 

重症の場合は拡張した腎盂を元の形に戻し、尿管の狭くなっている部分を取り除く手術をします。




関連ページ

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
膀胱炎(ぼうこうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腎盂腎炎(じんうじんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
停留睾丸(ていりゅうこうがん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
包茎(ほうけい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外陰炎(がいいんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。