赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。



陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)

母と子

こんな病気:陰嚢内に水がたまり大きくなります

 

睾丸を包んでいる陰嚢の中に水がたまる病気です。

 

そのため陰嚢が大きくなりますが、ほとんどは片方だけに起こります。

 

生まれてすぐに起こることもあります。

 

原因としては、胎児のとき、腹腔内にあった睾丸が陰嚢内におりてくるときに、腹腔との境がうまく閉じなかった先天性のもののほか、睾丸の炎症などの場合もあります。

 

症状:痛みはなく、片方の陰嚢だけはれます

 

痛みはありません。

 

陰嚢が片方だけ大きく膨れます(鶏卵大になることも)触るとプクプクしています。

 

治療:大部分のものは成長するにつれ自然に治るため特別治療はしません

 

大部分のものは、成長するにつれて自然に体内に水が吸収されて治っていくので、特別な治療はしません。

 

3歳を過ぎても治らない場合は、陰嚢水腫が腹腔と細い管でつながっていることが多く、その場合は自然に治ることはないので手術をします。

 

痛みがあったり、陰嚢の大きさが変化する場合は、腸が脱出して陰嚢までおりてきているヘルニアを合併している可能性があります。

 

懐中電灯で陰嚢を照らした時、透き通って見えないときは、ヘルニアの合併が疑われるので超音波検査をします。

 

ヘルニアを合併しているときもすぐ手術します。




関連ページ

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
膀胱炎(ぼうこうえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
腎盂腎炎(じんうじんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
水腎症(すいじんしょう)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
停留睾丸(ていりゅうこうがん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
包茎(ほうけい)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
亀頭包皮炎(きとうほうひえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。
外陰炎(がいいんえん)
赤ちゃんや乳幼児が病気や怪我をすると心配ですよね。こんな症状のときどうしたらいいのか?病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきか?そんなときに知っておくと助かる情報を提供するのがこのサイトです。お父さんお母さんはぜひ読んでいってください。